ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット通販ではmicroSDカードの容量偽装に注意

大容量SSDを購入したらあまりにも速度が遅く、容量もおかしいので、分解してみたら中にUSBメモリがブッ刺さっていた…なんてニュースが過去にありました。最近ではさすがにこのような雑なコピー品は見なくなりましたが、容量を偽装したSDカードやUSBメモリは多く出回っており、偽装技術はより巧妙化しています。


ネット通販ではmicroSDカードの容量偽装に注意

低容量microSDカードを大容量に偽装

近年のトレンドは、16GBなど低容量の記録メディアを書き換えて大容量に偽装する手口。高品質で人気のサンディスク製品の模倣品が特に多く、見た目は正規品と瓜二つです。

容量もPCに接続して調べてみると、パッケージ通りの大容量であることが確認できます。しかし、真贋チェッカーなどにかけると真っ赤なニセモノと判別され、実際の容量よりも少ないことが判明するのです。

この偽記録メディアに実容量以上のデータを保存すると、確かにすべて保存できたことになります。しかし、実容量を超えた分のデータは破損され、正常に保存できていないのです。

例えば、サンディスクの128GBのmicroSDカードを、正規品は8,600円、偽物は700円で購入しました。2つを並べてみても、その違いはほとんど分かりません。強いていうなら、microSDカードの色が偽物の方がやや青みがかっている印象です。

microSDカード容量は128GBでなく16GB

SDカードの真贋チェックアプリ「SD Insight」で調べてみると、正規品のmicroSDカードを読み取るとサンディスクのロゴが表示され、容量もパッケージ通り128GBあることが確認できました。

一方、偽物のmicroSDカードは「UNKNOWN」、つまり偽物だという判定。容量は128GBではなく16GBしかありません。どうりで保存がうまくできないわけです。

このほか、サンディスク製のClass10のmicroSDカードは、1TBで4万~5万円もする高級品です。しかし、AliExpressでは400GBが554円、1TBが818円で販売されていました。

「CrystalDiskMark」で転送速度を測ってみたところ、読み込み速度はほぼ同じでしたが、偽物は書き込み速度が極端に鈍足。Class10で14MB/sは遅すぎでしょう。

Amazonなどの大手通販サイトでも容量偽装メディアが販売されていることもあるので(マーケットプレイスなど)、microSDカードなどの記録メディアは信頼できる販売店で購入しましょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事