ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

メルカリShopsで転売ヤーを見抜くテクニック

初心者でも簡単に利益を出せるのが「転売」です。安く仕入れて高く売ることを繰り返している人は、転売屋が転じて「転売ヤー」と呼ばれます。転売ヤーが利用する転売ルートはAmazonマーケットプレイス、ヤフオク!が定番でしたが、そこにメルカリが加わっています。そこで、メルカリShopsで転売ヤーを見抜くテクニックを見ていきましょう。


新機能「メルカリShops」転売ヤーを見抜く方法

メルカリShopsは転売ヤーの利用も多い

個人でも利用できる「メルカリ」は、店では手に入りにくいレアモノが入手できる場所である一方、転売ヤーの巣窟になっている一面もあります。

少しでも転売ヤーたちの資金源になりたくないのなら、販売者の素性を事前に確認し、信頼のおける相手と取引するのがベターです。

そこで注目なのが、出品者側の新機能「メルカリShops」です。メルカリShopsは煩わしい値引き交渉がなく、出品手数料が無料、在庫管理もアシストしてくれる小売店向けのサービスになります。

しかし、メルカリShopsは個人でも登録OKなのがミソ。案の定、手数料無料に釣られた転売ヤーたちが利用しているケースも多いのです。

メルカリShopsで転売ヤーか確認する

このメルカリShopsは登録する際に、特定商取引法の関係で氏名・住所・電話番号などを開示する必要があります。メルカリShopsの相手の情報はメールで確認と手間いらずです。

実際、PS5本体やポケモンカードなどのプレミア商品を、大量に出品している某ショップをメルカリShopsで発見。メルカリShopsの「ショップ情報」から運営社情報を請求してみました。

メルカリShopsから届いたメールに記載されていた住所は、とあるアパートの一室。これだけでメルカリShopsの転売ヤーと断定するのは早計ですが、怪しさはぬぐえません。もし、アパートの一室から大量のレアモノをメルカリShopsで転売しているようなら、避けるのが無難でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事