ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

災害に備えてTwitterでしておくべき設定とは?

TwitterをはじめとするSNSは「#救助要請」のような情報配信よりも、情報収集に使った方が有効です。特に、テレビやネットニュースでは報道されない局地的な災害の状況、ローカルな復旧情報、避難所単位での支援情報など、マスコミが拾えない口コミ単位の情報収集に向いています。災害に備えたTwitter設定方法を見ていきましょう。


災害に備えてTwitterでしておくべき設定とは?

Twitter情報収集に自治体アカウント

災害時のSNSには必ずといっていいほど「デマ・流言」が紛れ込みます。命に関わるような重要な情報は、他のSNSやGoogleなどで検索をかけて、デマ情報でないかを確認するようにします。こうしたデマ情報を安易に拡散しないようにすることも大切です。

そこで、災害に備えたTwitter設定方法を紹介しましょう。まずは、地元の情報を発信しているアカウントをフォローするのが最初のステップになります。

最重要なのは自治体の公式アカウント。あとは、地元議員のアカウントや地元のスーパーや小売店のアカウントです。特に重要なアカウントはプッシュ通知をオンにしておけば、情報を取り逃さないでしょう。

Twitterの情報収集はリスト化が便利

住んでいる市町村区がTwitterのアカウントを持っているなら、必ずフォローしておきましょう。避難所や支援物資の情報が得られるはずです。また、地元を代表する老舗のホテルやスーパーなどもフォローしておくと、有用な情報をゲットできるかもしれません。

そして、災害向けアカウントはリスト化してまとめておくと便利です。災害時はリストのタイムラインをチェックすれば、余計な情報が入り込まみませんし、大事な情報が埋もれることもありません。

さらに、タイムラインの表示は最新ツイートに設定します。災害時はスピードが命。タイムラインの表示を新着順にして、素早く情報収集できるようにしましょう。アプリ画面右上のキラキラマークから変更できます。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事