ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Twitter嫌がらせに相互フォローで嫌味エアリプ

Twitterを始めとするSNSは捨てアカウントを作成すれば、相手に正体を知られることなく匿名で一方的に攻撃できるため、感情に任せて悪質な嫌がらせをする人が後を絶ちません。とはいえ、あまりにも嫌がらせが悪質だったりやり過ぎると、プロバイダに対して発信者の情報開示請求がされます。Twitter嫌がらせで使われるすれすれの手口を見ていきましょう。


Twitter嫌がらせに相互フォローで嫌味エアリプ

Twitterの嫌がらせに嫌味なエアリプ

Twitterで相互フォローの相手に使われる嫌がらせが、エアリプで嫌味を書く手法です。相手のツイートに対して、リプや引用リツイートを使わずに、それとなく嫌味を投稿します。

例えば、相手が「今日のランチはラーメン大盛り!」というツイートをしたら、すかさず「そんなもんばっか食べてるからデブになるんだよ」とツイートするのです。

相手からすると「自分のことを言っている?」と不愉快な気持ちになりますが、リプと違って誰に向けてのツイートなのか確証が持てないため反撃することもできず、不快感だけが残ります。

Twitterの嫌がらせ手法になりすまし

自分と主張の異なる勢力の評判を貶めたい時に使われるTwitterの嫌がらせ手法が、逆のスタンスのなりすましです。例えば、A派とB派で対立していた場合、A派の評判を落としたい側がA派支持を表明するアカウントを匿名で作成します。

そのアカウントで「B派のヤツラは頭が弱い」といった根拠の無いデマや、「ミニスカートの女性は痴漢されても自業自得」といった反感を買うツイートを行うのです。

すると、これを見た人は「A派はヒドい」という印象を持つことになり、結果としてA派全体の信頼を貶めることになるというTwitterの嫌がらせ手法です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事