ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

スマホ用OSとして普及しているAndroid。このAndroidOSを搭載したHDMI接続のメディアプレーヤー端末が大流行中です。AndroidOSを搭載したことで、アプリの追加や更新ができ、拡張性が格段に向上しました。テレビに接続するSTBタイプゆえ、マニアの間では通称「Android TV BOX」といわれています。


大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

Android TV BOXで動画サービス

Android TV BOXは、マルチプレーヤーアプリを導入すればPCに保存している動画ファイルの再生が可能に。さらに「Abema TV」「Netflix」などのアプリを入れれば動画配信サービスもテレビで見られます。

つまり、Android TV BOXによって普通のテレビがスマートテレビ化できるということ。ただし、このAndroid TV BOXには表と裏の顔があるので要注意です。

表製品のAndroid TV BOXは手持ちのAndroidスマホと連携でき、セットアップもカンタン。PCに不慣れなビギナーでも気軽に試せます。一方で大人の事情により、有名アプリや動画サービスに非対応なケースもあるのです。

具体的には、ピクセラの「PIXELA Smart BOX」(実勢価格14,800円)や、アイ・オー・データ機器の「AV-ATB100」(実勢価格35,000円)、シャープの「AQUOSココロビジョンプレーヤーAN-NP40」(実勢価格18,000円)などの製品になります。

しがらみ無視のAndroid TV BOX

表製品のAndroid TV BOXの魅力は最新OSに対応し、リモコンの反応もストレスがありません。安心して既存のGoogleアカウントを入れられます。また、トリセツ通りの性能を発揮。4K解像度にも対応します。

そんなしがらみを、一切無視するのが中華Android TV BOX。日本のアニメやドラマがVODで見放題になる裏配信サービスにアクセスできるアプリを標準で実装していたり、アヤシイAPKファイルを好き放題ぶち込むことも可能です(root化済み?)。自分好みにカスタマイズできるので、マニアならかなり遊べる仕様といえます。

Android TV BOXの裏製品は、Unblock Techの「UBOX4」(実勢価格18,000円)や、Sunvell Electronicsの「T95z Plus」(実勢価格9,800円)、シャオミの「Xiaomi TV Box3」(実勢価格12,800円)などです。


Android TV Boxの裏アプリは3種類

Android TV Boxはアプリ導入によって動画配信サービスがテレビで視聴できるようになるのは前述のとおり。そして、自分好みにカスタマイズできるAndroid TV Boxの裏製品にあらかじめインストールされているのが裏アプリです。

Android TV Boxの裏製品にインストールされている裏アプリは主に3種類。世界中のテレビ番組をリアルタイムで見られるLiveTV系アプリ、アニメや映画を好きなタイミングで再生できる海賊版VODサービス系アプリ、そして過去1週間分のテレビ番組をプレイバック再生できる全録系アプリです。

それらの裏アプリを介すことで、Android TV Boxが中国の専用サーバにアクセス。勝手にアップされた日本の地デジ・衛星放送、アニメや映画などが見られる仕組みになっているのです。

Android TV Boxにインストールされている裏アプリ

Android TV BOX裏製品の代表シリーズ

そんな裏アプリを備えているAndroid TV Boxの代表格といわれている製品が「UBOX」シリーズ。香港のUNBLOCK TECHというメーカーの製品です。

UBOXに限らずこの種のAndroid TV Boxは、定期的に製品名が変更されます。一説によると、現地のサーバの運営・管理費を賄うためだといわれています。その人件費を稼ぐため、常に新製品を出し続けているというわけです。監視の目を逃れるためという理由もあるのかもしれません。

さて、そんなUBOXシリーズに最近、動きがありました。2020年秋、ボディとメインUIのデザインが一新されたニューモデル「UBOX8」がリリースされたのです。そして、10月末から各種アプリもアップデート。メインアプリである海賊版VODサービスの「UBVOD」のUIデザインも、ガラッと変更されています。

Android TV Boxの代表格「UBOX8」


Android TV BOX裏製品が登場する経緯

こうしたAndroid TV BOXの裏製品が登場するには経緯があります。そもそもは2005年ごろに「ソフト型P2Pテレビ」が登場。無料ソフトをPCにインストールすることで専用サーバーにつながり、さまざまなコンテンツが見られるのがP2Pテレビです。中華系サービスの場合、日本のアニメやドラマがVODで見られるとあって一大ブームとなりました。

しかし、不要なソフトも勝手にPCにインストールされるのが厄介だったソフト型P2Pテレビは徐々に衰退。代わって、2010年ごろにはUSB接続の「ハード型P2Pテレビ」が台頭します。そのハードに標準搭載されたソフトを選べば、サイトにアクセスできるため動画が手軽に楽しめました。

そして、2016年ごろに登場したのがAndroid TV Boxの裏製品です。ハード型P2Pテレビは、サイトが閉鎖したりURLが変更されると対応できないという弱点がありました。AndroidOS内蔵のメディアプレーヤーであるAndroid TV Boxならアプリの更新や追加が可能。Android TV Boxの特性によって、常につながる状態をキープできるようになったわけです。

■「Android TV BOX」おすすめ記事
スマホ連携できる「Android TV BOX」楽しみ方
UBOX8で世界中のテレビ放送をリアルタイム視聴

■「Android」おすすめ記事
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
LINEいじめを監視できるAndroidアナライザー
小型PCでWidowsとAndroidの最新OSが使える
Android Lost(アンドロイドロスト)の操作法
盗聴器としても使えるAndroid Lostの音声記録
1mobile marketはAndroidの非公式アプリストア
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事