ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人気の「Android TV BOX」には表と裏の顔がある

「Android TV BOX」とは、スマホ用として知られるAndroid OSを搭載したHDMI接続のメディアプレーヤー端末のこと。「Android TV BOX」は動画配信サービスのアプリを入れることで、普通のテレビをスマートテレビ化できると人気を博しています。ただし「Android TV BOX」には表と裏の顔が存在するのでした。


スポンサーリンク
人気の「Android TV BOX」には表と裏の顔がある

Android TV BOXでスマートテレビ

「Android TV BOX」にマルチプレーヤーアプリを導入すれば、PCに保存している動画ファイルの再生が可能。さらに「Abema TV」「Netflix」などのアプリを入れれば動画配信サービスもテレビで見られます。つまり、「Android TV BOX」で普通のテレビがスマートテレビ化できるのです。

ただし、そんな「Android TV BOX」には表と裏の顔があります。表製品は手持ちのAndroidスマホと連携でき、セットアップもカンタン。PCに不慣れなビギナーでも気軽に試せます。最新OSへのアップデートもサポートしていますが、一方で大人の事情により、有名アプリや動画サービスに非対応なケースもあるのです。

そんなしがらみを、一切無視する「Android TV BOX」の裏の顔が中華製品。日本のアニメやドラマがVODで見放題になる裏配信サービスにアクセスできるアプリを標準で実装していたり、アヤシイAPKファイルを好き放題ぶち込むことも可能です

Android TV BOXは4K解像度に対応

表の「Android TV BOX」としては、ピクセラの「PIXELA Smart BOX」(実勢価格14,800円)や、アイ・オー・データ機器の「AV-ATB100」(実勢価格35,000円)、シャープの「AQUOSココロビジョンプレーヤーAN-NP40」(実勢価格18,000円)などが挙げられます。

魅力としては、最新OSに対応してリモコンの反応もストレスがないこと。既存のGoogleアカウントを入れるのも安心です。また、取扱説明書通りの性能を発揮して、4K解像度にも対応します。

一方、裏の「Android TV BOX」は、裏アプリによって日本の番組をVODで見られるだけでなく、地デジや衛星放送のリアルタイム再送信を視聴可能。マルウェア感染のリスクもありますが、APKファイルのインストールも容易です。

■「Android TV BOX」おすすめ記事
大流行中「Android TV BOX」表と裏の顔とは?

■「動画サービス」おすすめ記事
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
海外の動画サイトのアクセス制限を突破する方法
動画配信サービス無料期間は無限に繰り返せる?
お気に入りYouTube動画をダウンロードする方法
YouTubeの動画再生前の広告を自動的に消す方法
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
スマホで本当に使える動画再生アプリを3つ厳選
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事