ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTubeの著作権監視システムをすり抜ける手法

YouTubeで安定して再生回数を稼ぐためには、過去のテレビ番組が狙い目とのこと。昔の番組の場合、著作権監視システムにデータが存在せず、かつ権利者からの申し立てが最新の番組に比べてはるかに少ないからです。YouTubeの著作権監視システムをすり抜けるさまざまな手法について見ていきましょう。


YouTubeの著作権監視システムをすり抜ける手法

YouTube著作権監視すり抜けの連鎖

YouTubeの著作権監視システムをすり抜けた動画の中には、違法アップロードされている名作シーンや過去のバラエティ番組をダウンロードして、その動画を今度は自分のアカウントで上げている知能犯もいます。

申し立てが無いのをいいことに、違法アップロードされた動画を違法ダウンロードし、それを自分のものとしてアップするという悪しき連鎖が行われているのです。

実際、YouTubeには過去のバラエティ番組や旧作ドラマの名シーンなどが多数存在。現在の地上波では絶対に放送できないであろう過激な「お色気番組」は、特に人気のようです。

YouTube著作権チェックすり抜けテク

中でも人気は1991~1998年の土曜の深夜に、テレビ東京で放送された過激なお色気バラエティ番組。野坂なつみの裸エプロン「夜食ばんざい」や、高速ベロを生んだイジリー岡田の「ギルガメ治療院」など名物コーナーが盛りだくさんでした。

映像の解像度をあえて下げることで、著作権監視のチェックをすり抜けるテクニックもあります。視聴者からしてみれば見にくさはあるものの、ストーリーや出演者の表情は何とか読み取れるレベルで調整されています。

著作権監視システムのデータベースに登録されている作品であっても、解像度が低い場合は照合できません。そのため、野放しにされているケースがあるのです。ちなみに低画質の動画は、PCならYouTubeの視聴ウインドウを小さくするか、スマホで見ると画質が粗くてもそこまで気にならないようです。

人気映画や最新ドラマなどを低画質化してアップ。ワイプ加工&低画質化という2つのテクニックを組み合わせて、アップロードしているケースも多いようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事