ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone動画再生プレーヤーで最強のアプリは?

iPhoneの動画再生プレーヤーアプリは、星の数ほどあります。その中で現在“最強”といわれるのが360円の有料の動画再生プレーヤー「GoodPlayer」です。ポイントはDVDのISOイメージもそのまま再生できること。ISOイメージの再生にこだわらなければ無料の「VLC for Mobile」「GOM Player」で十分でしょう。


スポンサーリンク
iPhone動画再生プレーヤーで最強のアプリは?

動画再生プレーヤーでISOイメージ

この種の動画再生プレーヤーアプリを評価するにあたり、対応形式の豊富さを最重要視するのは異論がないハズ。GoodPlayerは、AVIやFLVなどに加え、DVDのISOイメージもそのまま再生可能なのです。

標準アプリでは再生できない動画ファイルを、いちいち変換せずに見られるようになるので、動画ライフはグッと快適になります。GoodPlayerの主な対応形式はAVI、Xvid、WMV、MKV、MP4、RMVB、DAT、VOB、FLV、ISO…など。PCに保存している大抵の動画ファイルは、再生できるでしょう。

PCに保存している動画ファイルをiPhoneやiPadにコピーするには、管理ソフト「iTunes」を使用。LightningケーブルでPCとつなぎ、ファイル共有でアプリ(ここではGoodPlayer)を選択します。

動画再生プレーヤーでスムーズ表示

あとは「ファイルを追加」で、動画ファイルを指定すればOKです。同期されたら、iPhoneでGoodPlayerをタップし、動画ファイルを選ぶと再生できます。

動画再生プレーヤーの各種設定は、ホームの歯車アイコンから行います。アスペクト比の変更や高画質化なども可能。Chromecastへの出力にも対応しているので、テレビに映すこともできます。

動きのあるシーンで映像のシマシマが気になるなら、動画再生プレーヤーの「インターレース解除」をONにしてみましょう。スムーズに表示されるはずです。

ちなみにこの「インターレース」とは、1枚の画像の走査線を1本おきに伝送し、2回に分けて表示させる方式です。その残像で1枚の映像に見えるのですが、場合によってはシマシマに見えてしまうこともあるのです。対して、1枚の画像で表示させる方式が「プログレッシブ方式」となります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事