ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

出荷終了したnasneの代替品候補「RECBOX」とは

テレビマニアの間で親しまれる低価格&高機能なネットワークレコーダー「nasne」の出荷終了が発表されました。PCソフトを使うことで、メディアへの書き出しは可能ですが、nasneと同じように使えるネットワークレコーダーとして代替品候補に挙がるのが、アイ・オー・データ機器の「RECBOX」シリーズです。


出荷終了したnasneの代替品候補「RECBOX」とは

nasneの代替品として最適なRECBOX

「RECBOX」シリーズは、録画番組のバックアップはもちろん、nasneをはじめ他のレコーダーと連携した中継ハブ的な活用が可能なネットワークHDDです。

最新モデルである「HVL-AAS」(実勢価格:22,100~25,500円)は、LANケーブルでnasneと同一のネットワークに接続することで、nasne内の録画番組を自動でバックアップ(自動ダビング)してくれる上、こちらもLANケーブルで接続することでスカパー!プレミアムサービスチューナーの録画先に指定することも可能。

nasneだけでなく、DTCP-IPに対応したテレビやBDレコーダーの録画番組もダビングできるので、当面はnasneの予備ストレージとして録画番組を保存しつつ、自動ダビング設定などを活用して、徐々に移行するのが理想的でしょう。

nasneの録画データをRECBOXに移動

バックアップした録画データは同一ネットワーク内のDTCP-IP対応テレビやBDレコーダーで視聴可能。通常、録画データはテレビやレコーダーに紐付けられ、録画した機器以外では視聴できませんが、RECBOXを使えば、DTCP-IPに対応していれば自由に再生できるので、テレビやレコーダーの買い替え時も安心でしょう。

録画番組は、好きな番組やジャンルごとにフォルダ分けでき、タイトルの編集も可能なので、録画データの管理も簡単。「PC TV Plus」といったPC用録画視聴ソフトからはもちろん、「Magical Finder」というスマホアプリからも操作できます。

「PC TV Plus」は、メディアへの書き出しにも対応しているので、大切な録画データの保存には最適でしょう。なお、nasne内の録画データをRECBOXに移動する場合はムーブとなるため、ダビング10が消費されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事