ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

世界中のテレビをタダ見「Android TV Box」とは

スマホでおなじみの「AndroidOS」をした、HDMI接続のメディアプレーヤーが各種販売されています。Google Playなどからアプリを追加できる拡張性が魅力です。そんなメディアプレーヤーの中でも、世界中のテレビがリアルタイムで視聴できるのが「Android TV Box」です。その歴史を振り返ってみましょう。


世界中のテレビをタダ見「Android TV Box」とは

Android TV Boxに海賊版VODサービス

AndroidOSを搭載しているメディアプレーヤーは、マルチプレーヤーアプリを導入すれば各種動画ファイルを再生でき、「Abema TV」「TVer」アプリを入れればスマホ用の動画配信サービスもテレビで見られるようになる拡張性が魅力です。

そんな清く正しく使われる日本製品がある一方で、現在は中華製の裏モノも幅を利かせています。テレビに接続するSTB(セットトップボックス)タイプゆえ、ガジェットフリークの間では「Android TV Box」と呼ばれ日本市場を侵食中です。

それら中華製のAndroid TV Boxの中には、世界中のテレビ放送をリアルタイムで視聴できるアプリや、アニメやドラマが見放題になる海賊版VODサービスにアクセスできるアプリが標準で用意されている製品があります。

おそろく中国にある専用サーバーとAndroid TV Boxの端末が紐付けされているらしく、基本的にはそれらアプリの数が価格に比例。つまり、中華製のメディアプレーヤーなら何でもOKというわけではなく、1万円以上の“高級機”の機能として提供されているのです。

Android TV Boxによって弱点が解消

こうした中華系海賊版テレビには歴史があって、2005年ごろには「ソフト型P2Pテレビ」が登場。無料ソフトをPCにインストールすることで専用サーバーにつながり、さまざまなコンテンツが見られるのがP2Pテレビ。中華系サービスの場合、日本のアニメやドラマがVODで見られるとあって一大ブームとなりました。

しかし、不要なソフトも勝手にPCにインストールされるのが厄介だったソフト型P2Pテレビは徐々に衰退。代わって、2010年ごろにはUSB接続の「ハード型P2Pテレビ」が台頭します。そのハードに標準搭載されたソフトを選べば、サイトにアクセスできるため動画が手軽に楽しめました。

そして、2016年ごろに登場したのが「Android TV Box」です。ハード型P2Pテレビは、サイトが閉鎖したりURLが変更されると対応できないという弱点がありました。そこに現れたのが、AndroidOS内蔵のメディアプレーヤー。アプリの更新や追加が可能で、常につながる状態をキープできるようになりました。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事