ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Zoom会議で何かと役に立つサボり方いろいろ4選

すっかりテレワークが定着した昨今、打合せはZoomなどによる「オンライン会議」が当たり前になりました。在宅ワークといえども連日Zoom会議が続くと、疲れもたまります。Zoom会議には、適度に気を抜いて参加したいものです。そこで、Zoomなどのオンライン会議をこっそりサボるためのテクニックを紹介しましょう。


Zoom会議で何かと役に立つサボり方いろいろ4選

Zoomバーチャル背景はサボり方に必須

Zoom会議のサボり方に「バーチャル背景の活用」は必須です。オンライン会議の後ろで、Netflixが流れていたり、友達がいたりしたら上司が怒るのも当然でしょう。

Zoomなどのオンライン会議ツールには背景画像を変更できる機能が搭載されています。例えば、上司からの急のオンライン会議の依頼には、背景を変えて対応。散歩中やカフェ先でも、あたかも在宅ワークしていたかのように振る舞えます。

また、事前に撮影した自分の写真や動画を、バーチャル背景として流しておくという、サボり方もあります。大人数のオンライン会議なら1人あたりの画面サイズも小さくなり、自作アバターに会議は任せて、席を外してもバレない可能性は高いでしょう。

女性の場合は「Snap Camera」というPC用ソフトを使うことで「ノーメイクで会議に出席」というサボりテクニックも利用可能。メイクをしたかのように見せかけて、寝起きでオンライン会議に出席できます。

Zoomでノイズキャンセリングツール

PC用のカメラソフト「Snap Camera」は「Zoom」「Slack」「MicrosoftTeams」などにも連携する女性の強い味方。「Makeup Cool」というエフェクトを使えば、自分の顔がナチュラルメイクをしている風に映し出されるのです。

さらに、ノイズキャンセリングツール「krisp」を活用すれば、自宅の雑音(マイク)をシャットアウトすることが可能。テレビや友だちの声などが、オンライン会議のメンバーに気づかれにくくなります。相手側の雑音(スピーカー)を取り除くことも可能です。

インストールしてアカウント登録が完了したら、連携ソフトを選択。さらに、Zoomなどの連携ソフト側の設定オーディオでスピーカーに「krisp speaker」、マイクに「krispmicrophone」を指定すれば完了です。オンライン会議でノイズなしで、相手と話せるようになります。月額1000円で利用可能。週に120分までの利用なら無料です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事