ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バッファロー版nasneは「torne」そのまま使える

「nasne」は、その拡張性の高さが録画マニアの間で熱烈に支持されてきたネットワークレコーダー。2019年6月の出荷を最後に終売していました。そんなnasneがバッファローブランドで再販開始。発売即完売となり話題となっています。そんなバッファロー版nasneは、ソニー版「torne」がそのまま使えるのでした。


バッファロー版nasne「torne」がそのまま使える

nasneはtorneとの組み合わせが魅力

nasneが優秀といわれる理由の1つに、ソニーが提供する制御用アプリ「torne」の存在があります。視聴・録画・予約といった一通りの操作に対応し、PS4やPS Vita、スマホにも移植されています(PS5版も開発中)。

torneはPS3用の地デジチューナー用アプリとして開発されたものですが、後に登場したnasneにも対応し、現在もソニー・インタラクティブエンタテインメントがサービスを継続しています。

torneの録画番組は曜日別やジャンル別などでソートが可能。連続ドラマやシリーズ作品は自動でフォルダ分けされるので、目当ての番組がすぐに見つかります。

また、別々のnasneで録画した番組もtorne内で一括表示されるので、複数台のnasneを使っていてもまるで1台のレコ―ダーで録画したように操作できるのも魅力です。

バッファロー版nasneでもtorneは必須

録画した番組をスマホで見るだけならばDLNA対応のテレビでも可能ですが、基本的にはバッファロー版nasneを活用するならtorneは必須でしょう。

ただし、バッファロー版nasneはPS3とVita版のtorneには非対応。さらにソニーのテレビ番組表アプリ「Video&TV SideView」にも対応していません。

つまり、現状はPS3やVitaでバッファロー版nasneは使用不可。既に生産は終了しているので仕方ありませんが、PS3でリリースされたtorneをいまだに使っているユーザーには悲しい仕様です。(文/ pusai)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事