ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JavPlayerのモザイク除去のアルゴリズムを比較

人工知能を使った映像の高解像度化技術によって、ここ数年で飛躍的な進化を遂げたモザイク除去。そして、AIを使ったモザイク除去で使われるツールが「JavPlayer」です。2020年5月に突如開発がストップしましたが、2021年末に開発が再開。更新後のJavPlayerには続々と新機能が追加されているのです。


JavPlayerのモザイク除去のアルゴリズムを比較

JavPlayerでBasicVSR++を使用する

「JavPlayer」は、TecoGANという高解像度化AIを用いてモザイク部分を高解像度化するメディアプレーヤー。更新後のJavPlayerには続々と新機能が追加されており、現在は「BasicVSR++」という高解像度化AIのテストが行われています。

JavPlayerでBasicVSR++を使用するにはNVIDIAのCUDA11を使う必要があり、ハイエンドGPUも必須となるためハードルはやや高め。ちなみに、BasicVSR++を使ったエロアニメ用のモザイク除去も試作中だといいます。

というわけで、JavPlayerに新たに導入されたBasicVSR++を使ったモザイク除去の精度を、従来のTecoGANと比較してみました。比較には、昔のビデ倫準拠の大きいモザイクと現在の同人AVレベルの細かいモザイクを用意しています。

JavPlayerでモザイク除去を比較した

JavPlayerの超解像度パッチの選択では、デフォルトが「tgmain」(TecoGAN)になっています。BasicVSR++を使う場合は、ここで「SR-BVPP」を選択するのです。

JavPlayerでTecoGANとBasicVSR++でモザイク除去を比較してみたところ、大きいモザイクはいずれも除去できず、造形が大きく崩れてしまいました。一方、細かいモザイクではどちらも認識できるレベルにはなりました。

若干ではありますが、BasicVSR++の方がディテールの再現度は高いように見えます。まだテスト段階なので、これからの発展に期待したいところです。(文/pusai)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事