ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JavPlayer2.0の超改造AIでモザイク除去した結果

複数の超解像AIが使えるようになったJavPlayer最新版2.0ですが、はたしてどのAIが最も高精度にモザイクを除去できるのでしょう。それぞれ学習モデルが違うため、映像ソースによって一長一短はあるはずです。今回は「顔」と「一定の速さで動くもの」で、その精度を検証しました。


JavPlayer2.0の超改造AIでモザイク除去した結果


JavPlayer2.0でサンプル動画をテスト

JavPlayer2.0ではアニメに特化したAIも搭載されていますが、今回は実写映像を想定。モザイクの大きさも大小2パターンを用意し、2回目用の超解像AIも検証しました(1回目はTecoGANを使用)。最新モザイク除去の精度はいかに…?

今回、JavPlayer2.0でテストしたサンプル動画は、アダルト動画で頻出する顔へのモザイク映像と、動くものへのモザイク映像を再現。動くモノに対してどれだけ精度の高いモザイク除去が可能か比較しました。

まずは、高い精度が求められる顔のモザイク除去について、JavPlayer2.0で検証。ただし、大きなモザイクに関しては残念ながら実用レベルとはいえない精度でした。


JavPlayer2.0で動くものモザイク除去

輪郭は維持しているものの、目鼻口はモザイクが大き過ぎるためか、ぐちゃぐちゃ。とはいえ、肌の再現性についてはTecoGAN8Xががんばっている印象でした。

一方、一定の速さで動くもののモザイク除去のJavPlayer2.0検証については、顔に比べると細かい再現が必要ない分、精度が高いように見ますが、実用性という意味ではかなり微妙なラインです。

やはり動きのある映像のモザイク除去も難易度は高い模様。その中でもTecoGAN8Xは、ディテールを捕らえているようで、他に比べるとまともに見えました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。