ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

リモコン操作できるハンガー型カメラの撮影性能

自宅にこもっていてもトラブルと隣り合わせな令和の世。いま流行りの家事代行サービスでは、不在中の家具破損や盗難トラブルが多いというし、ステイホーム増加の余波でパートナーからのDV件数も高い数値をマークしているとか。もしもに備えて証拠撮りは必須かもしれません。リモコン操作できるハンガー型カメラを見ていきましょう。


リモコン操作できるハンガー型カメラの撮影性能

ハンガー型カメラはかけて違和感なし

インテリア系の擬装カメラは多く存在しますが、女性の部屋にぴったりなのがスパイダーズXのハンガー型カメラ「H-888」です。ハンガー型なので、服をかけてカモフラージュでき、高い位置からターゲットを捉えられるメリットもあります。

また、録画スタートの条件は、動体検知に加えてリモコン操作でも可能。普段はスタンバイ状態にしておき、身の危険を感じたらポケットに忍ばせたリモコンをポチッ…という使い方もできます。録画待機だけなら数日は持つスタミナも魅力です。

ハンガー型カメラは、市販のハンガーと同サイズなので、並べてかけておいても違和感がありません。リモコンサイズは30W×54H×14Dmmで、女性でも手に握って隠せるサイズになっています。リモコンの有効範囲は10m以内。隣の部屋からも動作します。

ハンガー型カメラをリモコン操作した

実際にハンガー型カメラをリモコン操作してみました。猫がベッドに飛び乗った瞬間に、リモコンのAボタンをプッシュ。録画データを確認してみると、押してすぐに撮影スタートしていたことが分かります。黒の毛色ながら、顔が判断できる画質レベルは評価したいところです。

続いて、部屋のライトを消して録画してみました。赤外線LEDは搭載していないものの、暗視補正機能により、わずかながら明暗は把握できます。侵入者がいたかぐらいなら判別できそうです。

ハンガー型カメラの解像度は1920×1080ドット(動画)、4032×3024ドット(静止画)となります。画角は約62度。保存形式はAVIで、記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)です。連続録画時間は約12時間となります。サイズ/重さは450W×280H×70Dmm/約220g。実勢価格は24,800円です。(文/MIA)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事