ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

基板カメラを卓上ライトに仕込んで撮影した結果

擬装カメラ界の裏ロングセラーといえば、「基板カメラ」でしょう。擬装カメラはペン型やメガネ型が売れ筋ですが、基板カメラは中身のカメラパーツ(=基板)だけという製品で、自分の所有物などに仕込み、オリジナルカメラを作れるのが特徴。基板カメラといっても配線は簡単で、各アイテムへの取り付けはテープなどでもOKです。


基板カメラを卓上ライトに仕込んで撮影した結果

基板カメラはプロの間で評価が高い

基板カメラは、バッグの底や本棚のすき間に仕込むなど、使い方はまさしくアイデア次第といったところ。昔から独自にスパイカメラをDIYしていた探偵や調査員など、プロの間で特に評価が高いアイテムです。

今では4K対応モデルも登場し、使い勝手はより向上しています。スマホでのリアルタイムのモニターも可能。現在、匠ブランドをはじめ、スパイダーズXやサンメカトロ二クスなど各社からリリースされています。

玄関は人を迎える場所なので、お気に入りのフィギュアや写真を飾っている人は多いでしょう。そこにセキュリティのためとはいえ、防犯カメラを設置することに抵抗を感じる人も多いでしょう。

基板カメラを卓上ライトに仕込んだ

また、デザイン的に適した擬装カメラも無い…というなら、基板カメラの出番です。ここではテレサの卓上ライトに「基板型カメラ M22」を仕込んで撮影してみました。実勢価格は24,800円です。

本体とバッテリーはランプの裏に隠し、レンズは前方に両面テープで固定しました。基板カメラは動体検知機能も備えているため、動きを検知すると撮影を自動でスタート。解像度も高く、監視カメラとして十分に機能してくれます。

実際に、15時頃に照明を点けた状態で撮影してみました。被写体との距離は約100cmです。顔や服装はもちろんのこと、髪の毛1本まで捉えることができました。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事