ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

擬装カメラをAmazonでは買ってはいけない理由

「擬装カメラ」とは、ACアダプタやメガネなど身近なアイテムに擬装した小型カメラのこと。女性がセクハラの証拠撮りに活用するなど“正しい”使い方も広まりつつあります。それゆえに、売りっぱなしの粗悪品も増えてきているのも事実。そこで、擬装カメラを老舗メーカーの正規品とAmazonの激安品とでその性能を比べてみました。


擬装カメラをAmazonでは買ってはいけない理由

ACアダプタ型の擬装カメラを比較した

比較したのはUSBポートを備えたACアダプタ型の「擬装カメラ」。実勢価格18,800円のスパイダーズX「M-957」と、ノーブランドで実勢価格3,150円の「充電器型隠しカメラ」です。

どちらの製品も外見やスペックだけでなく、レンズカバーを外した内部の状態までそっくり。この種のタイプは基本構造は共通なのかもしれません。ノーブランドの方は、実際にUSB充電器としても機能するので、カメラ機能に期待が持てます。

薄暗い喫茶店と晴天の屋外で撮影。スパイダーズXの擬装カメラは輪郭がややぼやける印象ですが、証拠撮りには十分な明るい映像が撮れました。

ノーブランドの擬装カメラでトラブル

一方、ノーブランドの擬装カメラは、microSDカードが相次いで破損。エラー状況を調べるCheckFlashにかけると、異常を示す真っ赤なアイコンがズラリ…。これでは使い物になりません。

撮影後にPCでmicroSDカードを確認したところ、破損警告が表示されて動画ファイルが残っていませんでした。別のmicroSDカードに交換しても同じ結果です。仕方なく返品作業をしました…。

スパイダーズX「M-957」の解像度は1080p/30fpsで、保存形式はAVIです。記録メディアはmicroSDカード(最大256GB)。サイズ/重さは32.5W×31H×55.5Dmm/約30gとなっています。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事