ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スパイカメラにワイヤレス充電モバイルバッテリー型

スマホとモバイルバッテリーは、セットで利用するのが当たり前の時代。それゆえ、探偵がターゲットの撮影に重宝しているのがモバイルバッテリー型の擬装カメラ。スマホとセットで持っていても自然なので、モバイルバッテリーカメラを潜入取材で活用している週刊誌記者やフリーライターも多いといいます。


スパイカメラにワイヤレス充電モバイルバッテリー型

モバイルバッテリーカメラで証拠撮り

オンスクエアの「A-618」は、そんなモバイルバッテリー型カメラでワイヤレス充電に対応した製品。実際にスマホを充電しながら撮影できるので、カフェなどでの証拠撮影に最適でしょう。

モバイルバッテリー型に擬装したカメラだけあって、約10時間の連続撮影が可能です。しかも、バッテリーや動画の確認時間の節約となる動体検知も搭載。暗視撮影もOKな高機能モデルです。

スマホを充電しているフリをしながら、モバイルバッテリーカメラ先端のレンズで動画を撮影するのが基本スタイル。テーブルに置いた状態でターゲットを捉えられます。

モバイルバッテリーカメラの動体検知

映像は2.3K画質で、背景までしっかり分かる映像が撮影できます。若干ブレは気になりますが、固定して撮影していれば問題ないレベルでしょう。

このモバイルバッテリーカメラは、赤外線撮影や動体検知にも対応しているので、留守宅の防犯用途に使うという方法もあります。暗闇に紛れて侵入する不審者をバッチリ捉えてくれるはずです。

モバイルバッテリーカメラの解像度は2304×1296ドットで、メモリは256GB対応(microSDカード)。録画時間は約10時間で、バッテリー容量は10,000mAhです。サイズ/重さは78W×160H×22.5Dmm/約263g。実勢価格は24,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事