ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円のボタン型カメラはフルHDで明るく撮れる

ウェアラブルカメラの中でも「ボタン型カメラ」は想像以上に気づかれません。撮影対象の正面に陣取って撮影できるのもボタン型カメラのメリット。しかも、両手が自由に使えて自然に振舞えるので、怪しまれません。そんなボタン型カメラが1万円以下で登場しました。ボタン型カメラの撮影性能を詳しく見ていきましょう。


1万円のボタン型カメラはフルHDで明るく撮れる

ボタン型カメラはリモコンで操作する

オフィスでのセクハラ・パワハラの証拠撮りに利用しやすいのが「ボタン型カメラ」です。匠ブランドの「Bottone TK-BT-3」は、カモフラージュボタンが4つ付属しているボタン型カメラです。

本体のレンズ部分はシャツのボタンを模しており、ボタンホールから覗かせることでセットは完了。ボタン型カメラの操作は付属のリモコンで行います。

リモコン操作による録画開始/停止時にはボタン型カメラが振動するので、使用状態が把握できる設計です。電源ボタンは本体下部にあります。

ボタン型カメラの映像は色味も自然

カモフラージュ用ボタンを併せて活用すれば、より擬装性は高まるでしょう。ボタン型カメラは目線に近い、第1ボタンや第2ボタン辺りにセットするのがオススメです。

ボタン型カメラで蛍光灯の下で撮影してみたところ、小さい本体にもかかわらず、フルHDで明るく撮影できました。色味も自然。これが1万円以下で買えるとは、技術の進化を感じざるをえません。

解像度は動画1920×1080ドット(AVI)で、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)です。給電方式は内蔵バッテリー、サイズ/重さは30W×30H×20Dmm/約14g。実勢価格は9,800円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事