ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スパイカメラの最新トレンドは4K画質への対応

パワハラ・セクハラなどの社内トラブル、学校内でのイジメなど、その証拠を押さえるのは容易ではありません。スマホで簡単に写真や動画が撮れる時代になったものの、カメラを向けると急に矛を収めたり、逆上してかえって事態が悪化するケースもあります。そんな時は4Kスパイカメラを活用しましょう。


スパイカメラの最新トレンドは4K画質への対応

スパイカメラは専門店の商品を活用

証拠撮りのシチュエーションでは、日用品などにカモフラージュしたスパイカメラの出番。メガネや腕時計などにカメラが内蔵されており、さりげなく証拠を収められます。

ただし、Amazonなどで安価で販売されている、中華製のノーブランド品はオススメできません。レンズがむき出しで擬装度が低かったり、商品説明のスペックが全く違って撮れた映像はザラザラ。一度電源を入れただけで、すぐに壊れてしまった…なんてことも少なくありません。

そこで活用したいのが、「スパイダーズX」などセキュリティグッズ専門店の商品です。徹底したマーケティングにより、ユーザーが求めている商品を自社開発したり中国の工場から仕入れ、性能や使い勝手を国内で検証しています。

スパイカメラのトレンドは4K画質

また、セキュリティグッズ専門店の商品は、分かりやすい日本語の取扱説明書を用意し販売しています。そして、1万~3万円と一般人でも買いやすい価格帯なのもポイントです。

そして、ここ最近のスパイカメラのトレンドとしては、4K画質への対応でしょう。これまでフルHD対応としてリリースされてきた各商品が、4K対応にリニューアルされどんどん置き換わっています。

オンスクエアのキーレス型の4Kスパイカメラ「A-208α」は、録画解像度が3840×2160ドット(25fps)の4K画質。保存形式はMP4で、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)です。実勢価格は27,800円となります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事