ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵が実際に愛用しているWi-Fiカメラの機能は?

防犯カメラ専門店のYESKAMOでは、多種多様なカメラを扱っていますが、なかでもおすすめは「ZS-GX6S」。バッテリー内蔵の防水Wi-Fiカメラです。一般的な防犯カメラはコンセントが必要で設置場所が限られます。一方、このZS-GX6Sは大容量バッテリーを内蔵しており、さらにIP65相当の防水で風雨にさらされて問題ありません。


探偵が実際に愛用しているWi-Fiカメラの機能は?

Wi-Fiカメラでリアルタイム状況把握

YESKAMOの「ZS-GX6S」最大の特徴は、Wi-Fi機能を備えていること。本体に挿したmiciroSDカードに映像を記録することはもちろん、離れた場所からでもネットワーク経由でモニタリングできるため、現地の状況をリアルタイムで把握可能です。

調査員が長時間張り込めない場所では、非常に便利。住宅街や学校の近くは110番通報をされ、職質を受けることもありますが、このWi-Fiカメラを設置しておけば、ターゲットの潜伏する建物を目立たず監視できます。

これで、離れた場所に停めた車内などから調査できるというわけ。さらには、人感センサーが人を検知すると、スマホに通知を送るという機能もあります。

Wi-Fiカメラはアプリ経由で操作可能

Wi-Fiカメラの実際の映像を見てみると、300万画素でまあまあの画質。赤外線による暗視撮影にも対応するので、夜間の映像も鮮明です。バッテリーは15,000mAhと大容量でモニタリングしながら稼働させても、2~3日は持つでしょう。

100均の壁紙シートなどでカモフラージュした上で、建物前の生垣などにポケットWi-Fiと共にWi-Fiカメラを設置。アプリ経由でカメラの操作が可能なので、付近のコインパーキングに停めた車内など安全な場所から監視調査できます。

Wi-FiカメラZS-GX6S(2022年版)の記録解像度は2048×1536ドットで、カメラは300万画素。防塵防水はIP65で、内蔵バッテリーは15,000mAhです。機能は動体検知、RIPセンサー、暗視撮影となります。サイズ/重さは117W×56H×70Dmm/780g。実勢価格は14,500円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事