ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察用語で拳銃はチャカではなく腰道具が一般的

警察官が無線や会話で使用する警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、プライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いため、会話に警察用語を散りばめて秘密が漏れないようにする必要があるからです。そこで、警察内部で使われる警察用語を集めてみました。警察用語の由来も含めて見ていきます。


スポンサーリンク
警察用語で拳銃はチャカではなく腰道具が一般的

警察用語では刑務所を別荘と呼ぶ

警察官自身を表現する時に使われる警察用語が「おでこ」。制帽の旭日章を意味したものです。「あひる」や「さつかん」と呼ぶこともあります。また「さっちょう」は警察庁のこと。警視庁も含めて「霞が関」ともいいます。

都道府県警の警察本部は「母屋」、交番は「箱」、派出所は「ハッショ」です。「立番(りつばん)」は交番に立って監視すること。「帳場(ちょうば)」は捜査本部のことになります。事件現場や事故現場のことは「ゲンジョウ」です。

このほか「デカ部屋」は刑事課室や捜査課室のこと。警察用語で「やど」は留置所で、刑務所が「別荘」。留置所は「ブタ箱」「鳥かご」ともいわれ、刑務所は「塀」「ムショ」とも呼ばれます。

警察用語で無キズは前科のないこと

ドラマなどでよく耳にする拳銃を表す“チャカ”という警察用語は、現在では「腰道具」と呼ぶのが一般的。手錠は「ワッパ」です。「腰まわり」は手錠や拳銃、警棒など帯革に付ける装備一式のことになります。

「ばんかけ」は職務質問を表す警察用語。「ひかえ」は警察手帳を見せることです。「にんどう」は任意同行の略になります。「前モチ」「前モノ」は前科者のこと。いわゆる“前科持ち”です。逆に前科のないことは「無キズ」。キズ=前歴という意味になります。

「地取り(じどり)」は周辺聞き込み捜査のこと。「ナシ割り」は遺留品や証拠品などの捜査を意味します。「にんちゃく」は犯人の人相や着衣の略です。

■「警察用語」おすすめ記事
警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事