ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

警察用語の「さんずい」「うかんむり」とは何のことでしょう? さんずいは汚職事件、うかんむりは窃盗事件のことです。それぞれの事件を漢字の部首で表しています。警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、会話に警察用語を散りばめて秘匿性を高めているのです。



スポンサーリンク
警察用語「さんずい」「うかんむり」何のこと?

警察用語で「ごんべん」は詐欺事件

警察用語で漢字の部首を使っているのは、このほか「ごんべん」なら詐欺事件、「にんべん」なら偽造事件、「ゆみへん」なら強盗事件など「強」がつく犯罪です。強盗は「たたき」と呼ばれることもあります。

事件がらみの警察用語としては「よこ」は横領事件、「のび」は泥棒のこと。家宅侵入や侵入窃盗犯のこと。なお、さんずいと呼ばれる窃盗事件は「ふみこ」とも呼ばれます。これは刑法235条に規定されているためです。

警察ならではの用語としては「げんじょう」は事件現場や事故現場のこと、「げんたい」は現行犯逮捕、「げんちゃく」は現場到着を意味します。「まるがい」は被害者のことで、「まるひ」が被疑者のことです。

警察用語は時代によっても変化する

警察用語の「にんじん」は誘導停止灯のこと、「にんどう」は任意同行、「にんちゃく」は人着と書いて、犯人の人相や着衣のことを意味します。「まえ」は前科のことで、「まえもち」「まえもの」は前科者です。

警察内部を表す用語としては「こうき」は交通機動隊のこと、「じらたい」は自動車警ら隊のこと。また、捜査本部のことを「ちょうば」と呼んだり、都道府県警察本部のことを「おもや」と呼びます。

警察用語は時代によっても変化します。例えば、ドラマでおなじみの「チャカ」は拳銃を意味しますが、あまりに一般化したので現在では「腰道具」が一般的になっています。

■「警察用語」おすすめ記事
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事