ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職質で警察官を豹変させる2つのNG行動とは?

警察官による職質は、なるべく穏便に済ませたいものです。そのためには、最低限の労力で解放してもらうためのOK行動と、警察官の態度を豹変させるNG行動を理解しておく必要があります。協力的だと持ち物検査などを省略される場合もあるとか。警察官の職質スイッチをONしてしまうような2つのNG行動だけは避けましょう。


スポンサーリンク
職質で警察官を豹変させる2つのNG行動とは?

職質のNG行動で暗黙のルール発動

職質された時のOK行動は、自身の身分を即座に明かすことです。免許証や保険証を、常に出せるようにしておくと協力的な対象とされ、警察官からの好感度は上がります。自転車に乗っていた場合、自転車から降りて対応するとよりベターです。協力的であればと持ち物検査などを省略される可能性もあります。

一方、職質された時のNG行動は2つです。警察官に向かって警察手帳を見せるよう求めるなど本物かどうかを疑う行為が1つ。もう1つは「ほかにやるべきことがあるでしょ」などと、唐突にケンカ腰で応対する行為です。

これらは警察官の自尊心を非常に貶めることであり、プライドを傷つけてしまいます。ゆえに、彼らの間における暗黙のルールである“目には目を、歯には歯を”を発動させることになりかねません。

職質中に警察官が無線で応援を頼む

職質でのNG行動をとるや否や「職務質問ぐらいで、なぜあなたはそこまで焦る必要があるんですか?」と警察官の態度が豹変。警察官側の職質スイッチを入れてしまう可能性があるのです。

「俺らの税金で飯食っているんでしょ?」などと言おうものなら警察官の心証は最悪。「別にあなたから給料をもらっているわけじゃない」と言いつつ、無線で応援を要請する事態になりかねません。

職質中に警察官が無線で応援を頼むと即、近場から大勢が集まり囲まれます。こんなに大事になると、警察官も意地になりやすいものです。職質ではすみやかに解放されるためにも、NG行動にはくれぐれも注意しましょう。

■「職質」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事