ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

職質の際に無線で行われる「照会」は、犯罪歴や自動車運転免許の有無、そして指名手配犯まで個人に関する情報が伝えられるもの。その際、職質対象者には分からないように通話コードが使われます。このため、通話コードの意味を知っていれば、今の自分にどんな容疑がかけられているのか分かるのです。


スポンサーリンク
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

職質で無線の照会を行う警察官

職質で無線による照会を行うのは、主に自転車で巡回している警察官。というのも、パトカーにはPATシステムが搭載されているため、照会はデータ通信で行われます。音声通話による照会は行われません。

さっそく職質による照会の通話例を見てみましょう。例えば警察官が「免確(めんかく)による男、総合(そうごう)1本願います」といった場合です。ここで「免確」は運転免許証による氏名確認を意味します。

照会内容の略号は、ここでは「総合」。犯罪歴や指名手配などをまとめて照会することを意味します。そして、このあと警察官は職質している対象者の、氏名や生年月日などを照会センターに無線で伝えるのです。

職質している警察官に連絡が入る

しばらくすると、職質している警察官に照会センターから「対象者付近におりますか? なお、A号ヒット、送ってよろしいか?」といった具合に連絡が入ります。「A号ヒット」は犯罪経歴ありという意味です。

このほか、B号は指名手配、C号は盗品、M号は家出人手配、Z号は暴力団員という内容。このほかの略号には、L1号が運転免許、L2号が違反・事故歴、S1号が少年非行歴、S2号が暴走族といったものがあります。

照会センターからはさらに詳しい内容が「平成20年7月10日、08(ぜろはち)で神田にて現逮(げんたい)」と送られるのです。「現逮」は現行犯逮捕のことで、「08」は犯罪の種類の略号で覚せい剤です。

犯罪の種類は「00」が該当なし、「01」が殺人、「02」が強盗、「03」が強姦、「04」が窃盗、「05」が公務執行妨害、「06」が暴行、「07」が銃刀法違反、「09」が凶器準備集合罪、「10」が放火となっています。

■「職質」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事