ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイが待ち伏せする交差点の交通違反は何だ?

交通取り締まりを専門とする交通機動隊の中でも、道路を熟知しているのが白バイ隊。そんな白バイが交差点でじっと待ち伏せしている光景を見たことがあるはず。じつは、一般道には白バイが違反車を狙うのに“効率よい”交差点があります。白バイが待ち伏せする交差点は何の交通違反を狙っているのでしょう。


スポンサーリンク
白バイが待ち伏せする交差点で注意する交通違反

白バイが待ち伏せしている交差点

白バイが待ち伏せしている交差点は交通違反がおきやすい場所です。その1つがタイミングのよい交差点。青信号が連続した後に通過するギリギリで黄色から赤に変わる信号が設置されている場所です。

人間の心理として、青信号が連続する見通しのいい幹線道路でクルマがスピードに乗っていると、ギリギリで信号が黄色から赤に変わっても突っ込んでしまいがち。白バイ隊員はそこを見逃さないわけです。

白バイが待ち伏せしているのは信号を確認できる場所。その際、信号が変わったのを運転手に自覚させるため、クルマが停止線に入る手前でサイレンを鳴らします。「しまった」と思った時には手遅れというわけです。

白バイは交差点の端で待機している

白バイはカーナビの裏を突いた交差点でも待ち伏せします。最近のドライバーはナビに頼り過ぎ。慣れていない道路をナビの右左折の指示を読み違えて1つ手前の右左折禁止エリアに入ってしまう交通違反も多いといいます。

特に渋滞している場所では、ナビの指示よりも手前で右左折してしまいがちです。白バイ隊員はそのような信号を各自、頭に叩き込んでいるのです。ナビに頼りきりの人は気を付けたい交通違反といえるでしょう。

白バイは原付きの2段階右折無視の交通違反で交差点で待ち伏せすることもあります。大きな交差点で右折してくる原付きバイクををチェック。その時、白バイは交差点の端で待機しているのです。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
路上駐車をしても駐車監視員がスルーする場所

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事