ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査用の覆面パトカーが駐車違反から逃れる方法

覆面パトカーといっても、交通取り締まり用と捜査用では大違い。捜査用の覆面パトカーは刑事たちの足代わりなので、交通違反の取り締まりは行いません。そんな捜査用の覆面パトカーには、彼らならではの駐車違反対策があります。元刑事たちに捜査用の覆面パトカーの実態について聞いてみました。


スポンサーリンク
捜査用の覆面パトカーが駐車違反から逃れる方法

捜査用覆面パトカーの特徴が赤色灯

交通取り締まり用の覆面パトカーはトヨタ・クラウンが主力車種ですが、捜査用はトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナー車種がほとんど。トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった覆面の交通パトカーと同じ車種を導入している警察本部もあるため、見極める眼力も必要です。

そんな捜査用の覆面パトカーの最大の特徴が赤色灯になります。グリル内に前面警光灯を装備せず、マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せて緊急走行。助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄ることになります。

「交通課じゃないんで、運転中は取り締まりなんかしないから、気の合う相手となら世間話だってする。もちろん、緊走して現場に向かう時は運転に集中して、まじめに仕事しているよ」と話すのは元刑事です。

覆面パトカーで警察車両をアピール

「昔はミニパトの婦警さんが、同業者と気が付かないで駐禁のステッカーを貼っていた。今は駐車監視員ね」とのこと。捜査用の覆面パトカーに駐車禁止のステッカーが貼られているのを見かけのはこのためです。

そこで、捜査用の覆面パトカーでは「それと分かるようにダッシュボードや助手席に赤色灯を置いておく」といいます。すなわち、外からも見える場所に置かれた赤色灯は駐車違反対策。警察車両であることを駐車監視員にさりげなくアピールしているのです。

とはいえ、その対策を忘れると「クルマに戻ってきたら、ステッカーが貼られていて、お互い顔を見合わせて苦笑い。すぐに剥がして立ち去る。もちろん、何事もなかったことになるけどね」と話してくれました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事