ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイは走り方を見れば取締りの危険度がわかる

白バイの多くが所属するのが、交通違反を専門に取り締まる交通機動隊。中でも白バイ隊員はその精鋭ともいえる存在です。白バイ隊員になるためには、所属長の推薦を受けて白バイ専科に入校。専門の訓練を受けて交通機動隊に配置されます。そんな白バイは、走り方を見て取り締まりの危険度を察知できるのです。


スポンサーリンク
白バイは走り方を見れば取締りの危険度がわかる

白バイが2台1組で走っていたら注意

白バイ隊員は、交通の流れやドライバー心理を深読みしながら交通違反を検挙しています。そんな白バイが2台1組で走行していたら注意が必要。効果的な交通違反の取り締まり方法を新人に教育中だからです。

毎年3月と9月に入隊する新人の白バイ隊員は、そこから半年は先輩と一緒に行動して教育を受けます。半年経って1人立ちした頃にまた新人が配属。隊としては常に2台1組で行動しているグループがあることになります。

白バイ隊員には月間の“目標件数”があります。新人は月間100件など、若い隊員ほど多く割り当てられます。ただし、新人は2台1組で効果的な交通違反の取り締まりを教わりながら行動するので、件数は上がっていくのです。白バイが2台1組で走っていたら、いつも以上に交通違反に気を付けなければなりません。

白バイが待機している場合も注意

月末に躍起になって走行している白バイにも注意が必要です。実は、教育係は新人を指導している時間は自分の件数を上げることができません。このため、1人になった時に必死になって件数を稼がなければならないのです。

逆に、月末でも余裕で流している白バイは件数を達成しているということ。逆に原付ばかりを捕まえている白バイは、目標件数に足りていないというわけです。

このほか、交差点などで白バイが待機している場合も交通違反に注意しましょう。白バイ隊員はそれぞれ独自の“狩り場”を持っていて、ベテランほどいい狩り場をキープ。白バイが待機している場所こそが交通違反の多発ポイントということです。

狩り場に主がいる時は他の隊員は使えませんが、休みや非番の時はこっそり借りて取り締まりを行います。同じことを考えた白バイ隊員が鉢合わせすることもありますが、気心知れた相手だと2台で話し合って交互に捕まえたりするようです。

■「白バイ」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

■「交通違反」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事