ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

特殊装備が付いた白バイのお値段はどれくらい?

子どもたちが憧れる職業のひとつが「白バイ隊員」でしょう。真っ白なバイクで颯爽と駆け抜けていく姿はやはりカッコいいものです。一方、ドライバーにとっては猛スピードでスピード違反を取り締まりにくる怖い存在でしょう。それでは、その白バイ自体の値段はいくらなのか詳しく調べてみました。


スポンサーリンク
特殊装備が付いた白バイのお値段はどれくらい?

白バイは警察庁が全国分を一括購入

白バイには、ほぼ400ccを超えるエンジンを搭載した大型自動二輪車が使われます。かつては中型自動二輪免許で乗れる400ccモデルもありましたが、今は大型に統一されています。

交通取り締まり用のバイクなので、白バイは交通機動隊や高速隊などの部署に所属することがほとんどです。一方、購入は各都道府県警別ではなく、警察庁が毎年全国分を一括購入。大量購入による値引きが期待できそうです。

国産メーカーではホンダ・ヤマハ・スズキの3社が白バイを製作しています。とはいえ、最近の購入実績を見るとホンダ製を購入する年が多く、スズキやヤマハの白バイはどちらかというとレアな存在といえるでしょう。

白バイはベース車より安い値段設定

数ある白バイのなかで、最も新しいモデルがヤマハ「FJR1300P」。これは同社のツアラーモデル・FJR1300Aをベースに改造されたものです。スピード違反取り締まりに欠かせない赤色灯やスピーカー、サイレンはもちろん、エンジンガードやサイドケースも標準装備です。

リッターバイクのFJR1300Aは当然2人乗りですが、白バイでは後部座席を使う必要がないため、1人乗りに改造。後部座席があった部分には書類ケースと赤色灯が取り付けられています。また、かつての白バイが必ず備えていたストップメーターはなく、ボタンを押すとその時点のスピードがプリンターで印刷される仕組みです。

気になる白バイの値段は、2018年に購入したホンダCB1300Pの場合、1台あたり約146万円。ベース車のCB1300SBの価格が約159万円なので、約13万円ほど安くなっています。CB1300Pの場合、白バイならではの特殊装備はいずれも標準設定なので、それを考えるとお得感のある値段といえるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事