ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問に急いでいるときに遭遇した賢い対処法

急いでいるときに突如、警察官に呼び止められる職務質問はなるべく穏便に済ませたいものです。そこで、職務質問に急いでいるときに遭遇した賢い対処テクニックを紹介しましょう。各警察署ごとに職務質問のマニュアルは千差万別ですが、試す価値はあります。職務質問に急いでいるときに遭遇したらスマホや生理現象をうまく利用しましょう。


急いでいるときに遭遇した職務質問の賢い対処法

職務質問に急いでいるときの遭遇にスマホ

職務質問に急いでいるときに遭遇したら、仕事などの電話がかかってきたフリをするのが最初の選択肢。深夜帯などに警察官が交差点付近に立っていることがあります。職務質問されそうになったら、おもむろにスマホを出して誰かと会話するフリをしながら目の前を通過するわけです。

仕事の話など長電話になりそうに振る舞えば、警察官も任意での職務質問のため電話が終わるまで職務質問はできません。しつこい警察官以外は早々に解放してくれるでしょう。

職務質問に急いでいるときに遭遇したら、生理現象を活用するのも手。強制力のない職務質問を回避する上で有効だといいますが、演技力が必要になるため難易度は高めです。まず職務質問された段階で「あ、ちょっとトイレに行きたくて…」と急いでいる感を醸し出します。

職務質問に急いでいるときの遭遇に身分証

そして、まずは激しい尿意があることを説明。警察官はたいてい「すぐ終わりますから」と職務質問を続行しようとしますが、ひるまずに「漏れたらどう責任取るんですか」と哀願。止むなく解放してくれるでしょう。

職務質問に急いでいるときに遭遇したら、自身の身分を即座に明かすことも有効です。免許証や保険証などの身分証明証を常に出せるようにしておくと、協力的な対象とされて警察官からの好感度がアップします。

自転車に乗っていても、職務質問で呼び止められたら自転車から降りて対応することも、職務質問に急いでいるときに遭遇したときには逆に有効です。協力的であれば持ち物検査などを省略される可能性が高まります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事