ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Nシステムが光る色は「赤」とわかるYouTube動画

スピード違反を取り締まるオービスのうち、もっとも目立つのが道路上のゲートにカメラ・ストロボを設置する「LHシステム」です。一方、LHシステムと間違えやすいのが「Nシステム」。こちらはスピード違反の取り締まりは行いません。また、Nシステムはオービスと比べ発光量が少なく、そのことが分かるYouTube動画も公開中です。


Nシステムが光る色は「赤」とわかるYouTube動画

Nシステムが光るのはほんのわずか

スピード違反を取り締まるオービスのうち、幹線道路の本線上に大型ゲートを作り、各車線ごとにカメラとストロボをセットで設置するのが通称「LHシステム」です。このタイプのオービスは、地下に埋め込まれたコイル2個を通過する時間差でスピードを割り出すことから「ループコイル式」と呼ばれています。

一方、LHシステムと同じように大型ゲートに取り付けるものの、スピード取り締まりには使われないものが「Nシステム」。Nシステムは、通過する自動車のナンバープレート情報をすべて記録することで、犯罪者の逃亡ルートを追跡するために活用されています。

NシステムはLHシステムと異なり、ナンバープレートを読み取るカメラとストロボが一体型になっていることで、見分けることができます。また、オービスは顔写真を撮影するためにストロボが強力に光る一方で、Nシステムはわずかに光るのみ。そのため、昼間であればNシステムの光るストロボに気づくことはありません。

Nシステムが光る様子が確認できる

しかし、夜間の高速道路などであればNシステムが光ることに気づくこともあります。そのため、道路上側のNシステムがチカっと光ることでオービスに撮影されたのではと思う人も多いようです。

Nシステムが光る状況については、Youtubeチャンネル「yonchanp」にその様子がアップされています。「【LS460W】新東名 長泉沼津」というタイトルの動画では、新東名の長嶺沼津IC付近に設置されたNシステムが光る様子を確認できます。

この動画中には、撮影した際のISO感度も公開されていますが、Nシステムが光る瞬間をISO3200の高感度で撮影しながらも、発光量はわずかです。一方、オービスが発光した際の光量は、撮影体験がある人によれば目の前が眩むとのことで、発光状況からもNシステムとの区別が可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事