ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドライバーでなく同乗者が引き起こす違反とは?

数ある交通違反の中には、ドライバーではなく同乗者が引き起こす違反もあります。その代表例ともいえるのが、同乗者のシートベルト着用義務違反。同乗者が引き起こす違反でも当然、処罰対象はドライバーです。だからこそ、ドライバーでなく同乗者が引き起こす違反を知っておいて損はないでしょう。


ドライバーでなく同乗者が引き起こす違反とは?

同乗者の違反にダッシュボードに足

道交法第71条の2の2項では「座席ベルトの未着用者を運転者席以外に乗車させてはならない」とされています。つまり、後部座席でも同乗者はシートベルトを着用する義務があるのです。

ただし、一般道路での未着用は減点の対象外となっており、罰則が適用されるのは高速道路でのみ。後部座席の違反であっても損をするのはドライバーなので、安全のためにも同乗者に必ず着用するよう促しましょう。

運転中に助手席の同乗者がダッシュボードに足を乗せていたら、下ろさせましょう。サイドミラーが確認しづらくなるため、「安全運転義務違反」になる可能性が高いのです。

同乗者がダッシュボードに足を乗せていると、道路交通法第70条と第55条2項に基づき処罰されかねません。普通車の場合で、違反点数は1点、反則金は6,000円となっています。

同乗者の違反でも処罰はドライバー

同乗者が引き起こす違反でも当然、処罰対象はドライバー。お行儀が良い行為ではないことはもちろん、万が一、その状態で事故に遭ったら深刻なケガにつながります…。

日差しを遮れるサンシェードは夏場に便利なグッズですが、運転中は外すのが原則です。道交法第55条2項では、運転手の視野やハンドル操作を妨げ、バックミラーの効用をなくし、標識などが確認できなくなる行為や積載は禁止されています(乗車積載方法違反)。

つまり、運転席と助手席のフロント3面に、日除けをなどを貼るのはNGということ。ただし、透過率の高いUVカットフィルムであればOKです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事