ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

いま契約するならコレ「格安SIM」おすすめ3選

数ある「格安SIM」の中から、価格・速度・キャンペーンの有無などを考慮して、3つをセレクトしました。特に「楽天モバイル」は、格安SIMのMVNOからMNOになりキャリアの仲間入りしましたが、価格の面では格安SIMと同等ということで要注目。格安SIMで迷っているなら、この3つから選べば間違いないでしょう。


いま契約するならコレ「格安SIM」おすすめ3選

データ使い放題の格安SIMが1年間無料

いまに契約するなら格安SIMイチオシは「楽天モバイル」です。回線方式がNTTドコモ・auから、楽天回線に変更されましたが、料金体系はほぼ変わらず安いまま。プラン例としては「データ使い放題+音声通話」で月額3,278円となります。

しかも現在はキャンペーン中で、1年間基本料金が無料になるという大盤振る舞い中です。データ通信は楽天回線エリア内では制限なし(パートナー回線エリアは月々5GBまで)で、専用アプリを使えば通話料が無料になります。

まだ出来たてほやほやのキャリアなので、とりあえず1年無料キャンペーンで通信状況を確認してみるのもよいかもしれません。

複数台持ちのユーザーにオススメの格安SIMが「ワイモバイル」です。プラン例としては「スマホベーシックプランR(データ容量14GB+音声通話)+シェアプラン」で月額5,687円です。

混雑時もサクサク通信できる格安SIM

複数のスマホで、端末ごとにSIM回線を契約するのは面倒です。そこで使いたいのが、オプションの「シェアプラン」。大容量SIMのデータ通信容量を分割して、最大3枚のSIMに割り振れるため、月額費用を抑えながら複数台のスマホを運用できるのです。

混雑時でもサクサク通信できる格安SIMが「UQモバイル」。プラン例としては「スマホプランM(データ通信9GB+音声通話)」で月額3,278円です。

auの子会社であるUQモバイルは、安定した通信環境で使えます。データ繰り越しプランもあるので、あまり使わない月でも安心。大手家電量販店には必ず対面店舗が設置されており、大手キャリアのように安心して契約できるのもポイントです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事