ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホを監視カメラに利用できる無料アプリ

新機種に買い替えた「古いスマホ」は、何となく放置されがちです。しかし、古いスマホといえども、それなりに高性能な電子機器。そもままにしていては、もったいない話です。そこで、古いスマホを監視カメラとして再利用できる無料アプリを紹介しましょう。古いスマホを使えば、ネットワーク監視システムは無料で構築できるのです。


古いスマホを監視カメラに利用できる無料アプリ

古いスマホを監視カメラとして再利用

ペットや子どものモニター用や防犯用に、自宅にネットワーク監視システムを導入したいという人は多いでしょう。しかし、予算がネックで導入を躊躇している人も多いはず。そんな時は、引き出しの奥に放置している「古いスマホ」に無料アプリをインストールして、ネットワーク監視カメラとして再利用するのが賢い選択です。

ネットワーク監視カメラ導入の条件となるのは、設置場所にWi-Fiがあること。現在メインに使っているスマホと古いスマホのそれぞれに、監視カメラアプリをインストールすれば、無料でネットワーク監視システムが構築できるのです。

「防犯カメラ・ペットとベビーの見守りカメラ」は、2台のスマホを1台はカメラ用、もう1台はモニター用として使う無料の監視カメラアプリです。もともとは「Alfred Camera」として配布されていました。Android版のアプリは「アルフレッドカメラ: ペットカメラ・防犯・監視カメラ・ベビーモニター」という名称です。

古いスマホにカメラ用のアプリを導入

新旧スマホそれぞれにアプリをインストールして同一のGoogleアカウントでログイン。これでネットワーク監視のセッティングは終了です。ポイントはiOSとAndroidの両OSに対応していること。OSの異なる端末同士でも利用できます。

無料の監視カメラアプリ「AtHome Camera」でも、ネットワーク監視システムは構築可能です。監視カメラとして再利用する古いスマホには「AtHome Video Streamer」をインストール。モニター用のメインスマホには「AtHome Camera」をインストールします。

カメラ用スマホで「QRコードに生成」をタップ。このQRコードを使って、モニター用のメインスマホと接続します。モニター用スマホでは「利用開始」でメールアドレスとパスワードを登録。「採集端末添加」を選択するとカメラが起動するので、型落ちスマホに表示されているQRコードを読み込むというわけです。

これで監視カメラとして設置した古いスマホからの映像を、ふだん使いのスマホでリアルタイムで確認可能。モニター画面下の「収録」ボタンをタップすれば、MP4形式で録画もできます。iPhone版とAndroid版が用意されており、こちらもOSが異なっていても利用可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事