ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホのSuicaへ現金でチャージする裏ワザとは

モバイルSuicaをはじめとするスマホでSuicaが使えるサービスは、どこでもチャージできることが最大のメリットです。とはいえ、Suicaに現金チャージする必要がある場面も出てきます。実は、スマホのSuicaに現金でチャージする方法も何種類か用意されていて、最近はPASMO路線でも現金チャージができるのです。


スマホのSuicaへ現金でチャージする裏ワザとは

スマホSuicaに現金チャージする方法

携帯電話やスマホ内蔵のICカードを利用したSuicaは、スマホが普及する以前の2006年に「モバイルSuica」としてサービスをスタート。現在では、Android端末向けのモバイルSuicaだけでなく、Apple Pay・Google Pay・楽天Pay向けのほか、みずほ銀行の口座と紐付けられたMizuho Suicaも利用できます。

これらのスマホ内蔵Suicaは、基本は各サービスに登録したクレジットカード・デビットカードなどを利用して残高チャージを行う仕組みです。しかし、クレジットカードが利用停止中だったり、デビットカードが残高不足で使えないといったケースでは、現金チャージができないと困った状況に陥ってしまいます。

そこで、スマホ内蔵Suicaでは現金チャージを行う方法も用意しています。ひとつは、JR東日本の主要駅に設置されたモバイルSuica対応券売機を利用するもので、券売機にあるトレイへスマホを置き、チャージしたい金額を現金で投入すれば手続きは完了です。

スマホのSuicaにPASMO路線でチャージ

また、PASMOがスマホ内蔵型の「モバイルPASMO」を導入したことにより、PASMOエリアの鉄道各駅にもSuica同様にモバイルPASMO対応券売機が登場。公式にはアナウンスされていませんが、裏ワザ的にモバイルSuicaもこの券売機で現金チャージが可能です。

PASMO対応路線には鉄道のほかバスもありますが、こちらでもモバイルSuicaのチャージはできます。チャージ方法はカード式の交通系ICカードと同じで、運転手にチャージ金額を伝えた上で両替機へ必要な金額分の1000円札を投入し、PASMO読取機へスマホをかざせばOKです。

また、Suica・PASMOのエリア外では、交通系ICカードが使える大手コンビニ、そしてイオンなど一部のスーパーでもSuicaへチャージが行えます。この場合、チャージ金額をレジ係員に伝えたうえで現金で支払います。

さらに、セブン・イレブンやイトーヨーカ堂などに設置されたセブン銀行のATMもモバイルSuicaに対応しており、ATMのICカード読み取り部分にスマホをかざし、ATMへ現金を投入しチャージ。セブン・イレブンの出店エリアであれば、このATMを使ったチャージが一番お手軽でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事