ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GPS追跡アプリは仕込んだあと一覧から消せる

デジタルされている現代のスマホや携帯電話の通話は、電波を受信して盗聴することはできません。しかし、GPS追跡アプリをインストールすると、通話内容を外部から聞けたり録音できたりするのです。しかも、GPS追跡アプリは一覧から消すこともできるといいます。


スポンサーリンク
GPS追跡アプリは仕込んだあと一覧から消せる

GPS追跡アプリは通話を聞ける

GPS追跡アプリは、いわばスマホを乗っ取りできるアプリ。通話内容をそのまま盗聴することもできます。しかし、導入するには手作業が必要。そのため、内部の人間や近い人間など実行できるのは限られます。

そんなGPS追跡アプリでよく知られているのが「FlexiSPY」です。可能な操作は、電話の通話内容を聞く・録音する、Facebookを覗く、居場所を特定する、パスコードを暴く、居場所を特定するなど多岐にわたります。

特徴的なのが、通話中の内容をリアルタイムで聞けること。また、LINEも中身を覗けるなど、150種もの操作が可能。しかも、GPS追跡アプリがインストールされているのかを知られないように、アプリ一覧から消すこともできます。

GPS追跡アプリは導入に数時間

さらに、スマホのパスコードを解読できる機能も搭載。また、コードを新たに設定したり、アプリのパスワード解読も可能です。GPS追跡アプリの利用料は、月額68ドルからとなっています。

とはいえ、GPS追跡アプリの導入ハードルはかなり高くなります。導入にはAndroidはroot化が、iOSは脱獄が必要です。操作に慣れている人間でも数時間は欲しいところでしょう。

もしGPSアプリが導入されていたとしたら、身内の近い人間が就寝中などにスマホを操作するなどの時間が必要になります。ちょっとトイレに立っている間にインストールできるようなものではありません。


スポンサーリンク

GPS追跡アプリでスマホ遠隔操作

GPS追跡アプリでは「Android Lost」もよく知られた存在。デベロッパーは「Theis Borg」です。GPS追跡アプリの操作はすべてAndroid LostのWebサイト上から行います。

このWebサイトはGoogle Playからアプリをインストールする際に使用したアカウントと連携。このアカウントでWebサイトにログインすると、画面上からスマホ端末に命令を送れるようになるのです。

インターネットを介して端末とやりとりするため、Android Lostを操作するには、端末側でデータ通信が行える状態になっている必要があります。端末のバッテリー残量がゼロの場合や通信に必要な電波の届かない場所で無い限り、GPS追跡アプリで遠隔操作が可能なのです。

GPS追跡アプリに搭載された機能

このGPS追跡アプリの主要な操作は、ボタンのクリックや文字の入力などで行え、別途SMSで任意のコマンドを送ることでも命令を実行可能です。おもな機能は「SMS関連」「GPS関連」「警告関連」「情報漏洩防止」「記録関連」に分けられます。

これらの情報があれば、ユーザーがアクセスした相手とその目的、ユーザーのいる場所や会話の内容、ユーザーの行動範囲や移動の履歴を知ることが可能。GPS追跡アプリとして、端末を無くした際に起こりうる情報漏えいを防ぐために必要な機能があることは確かです。

しかし、端末を持ち歩くユーザーの行動を把握するのにも有効な情報も含まれているのも事実。例えば通話履歴は送受信した電話番号、通話時間、日時などを知ることができます。SMSを閲覧できる機能についてはメッセージの内容を見ることが可能です。

■「GPS追跡アプリ」おすすめ記事
GPS追跡アプリは画面上ではメモアプリの体裁
GPS追跡アプリはWebサイトでスマホを遠隔操作

■「GPS」おすすめ記事
GPSロガーで位置情報をリアルタイムで把握
GPSロガーで走行履歴がバッチリ判明する!!
GPS発信機は今後「番犬ドンデ」が主流になる
GPS発信機は電源をオンして車に設置するだけ

■「スマホ遠隔操作」おすすめ記事
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事