ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GPS発信機は電源をオンして車に設置するだけ

GPS発信機はGPS測位したデータをリアルタイムで送信してくれる機器。GPS発信機は月額利用料で支払うケースが多いなか、アキバガレージの「MapSTation AKBMaST」は1年間の一括払い。好きなだけ検索できるので使い勝手のよいGPS発信機といえるでしょう。



スポンサーリンク
GPS発信機は電源をオンして車に設置するだけ

GPS発信機は一定間隔で場所を記録

アキバガレージのGPS発信機「MapSTation AKBMaST」は端末の電源をオンにして車に設置するだけ。あとはスマホやPCで指定のURLに接続すると、簡単に位置を特定可能。振動検知でクルマが動けば通知メールを受け取ったり、一定間隔で場所を記録する機能もあります。

GPS発信機AKBMaSTの通信方式はW-CDMA(800MHz/2GHz)で、連続待受時間は約550時間です。電源は内蔵リチウムイオン充電池で、microUSBケーブルで充電します。サイズは48W×69H×18Dmmで、重さは約60g。実勢価格は1年間使い放題で59,800円となっています。

実際に、このGPS発信機で車を追跡する手順を見ていきましょう。まずGPS発信機を車に仕掛け、2/5/10分から2分間隔を指定して連続位置検索で調査を開始します。

GPS発信機の履歴から場所を特定

あとはGPS発信機の位置履歴一覧から、滞在時間の長かった不審な場所を特定します。気になる場所があれば選択してGoogleマップに表示。GPS測位なら誤差50mの精度で検索できます。ストリートビューを表示すれば周辺の様子がバッチリです。

GPS発信機といえば「ココセコム」がありますが、AKBMaSTの方が小型で多機能。しかもココセコムの「毎月60回プラン」は基本料金3,132円に、60回を超えたら1回の検索で100円かかります。

しかし、AKBMaSTは一括料金で検索し放題。頻繁に検索できて使い勝手がよいのです。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「GPS発信機」おすすめ記事
GPSロガーで位置情報をリアルタイムで把握
GPSロガーで走行履歴がバッチリ判明する!!
GPS発信機は今後「番犬ドンデ」が主流になる

■「GPS」おすすめ記事
GPS追跡アプリは画面上ではメモアプリの体裁
GPS追跡アプリはWebサイトでスマホを遠隔操作

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事