ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホをパソコンのサブディスプレイに活用

使用中のパソコンモニターが狭いなら、「TwomonAir」を導入。パソコンとワイヤレス接続して、古いスマホをサブディスプレイ化できるアプリです。パソコンに接続用ソフトをインストールし、スマホ側でパソコンを選択するだけと設定は簡単。タッチ操作ができるようになるので仕事の効率がアップします。


スポンサーリンク
古いスマホをパソコンのサブディスプレイに活用

古いスマホからタッチパネルで操作

スマホの表示はデュアルディスプレイとして動画再生に活用したり、ミラーリングして離れた場所からパソコンを操作したりと使い道はいろいろ。古いスマホからタッチパネルで操作できるようになるのも魅力でしょう。

パソコンとスマホはWi-Fiで接続。ケーブルレスなので、スマホは見やすい位置に置いておけます。今ではもう使っていない、旧型の重いタブレットを活用するのもアリでしょう。

具体的に古いスマホをパソコンのディスプレイにする手順を見ていきます。まずはTwomonAirの接続用ソフトを、パソコンにインストール。スマホにTwomonAirアプリをインストールします。

古いスマホがパソコンのマウスに

アプリを起動したらパソコンをタップして選択。これでパソコンとつながります。古いスマホがサブディスプレイになり、パソコンの画面が表示されるというわけです。価格はiOSが960円、Androidが854円となっています。

自室のパソコンをリビングなどから遠隔操作できるのが「Remote Mouse」です。本このアプリでパソコンとスマホをWi-Fi接続しておくと、古いスマホをパソコンのマウスやキーボードとして使えるようになります。

具体的には、接続用ソフト「Remote Mouseサーバ」をパソコンにインストール。あとは、アプリを起動するだけでスマホがパソコンのマウスになります。ウインドウを切り替えたり文字入力もOKです。なお、一部の機能は有料になります。

■「古いスマホ」おすすめ記事
古いスマホを無料アプリで監視カメラ化する方法
古いスマホをポータブルテレビにするアプリとは
容量不足の古いスマホを音楽プレーヤーに再利用
ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事