ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドライブレコーダーは無料アプリでも地図に連動

交通トラブルによる事故が相次ぐ中、ドライブレコーダーのニーズが高まっています。とはいえ、ドライブレコーダーの相場は1万5千~2万5千円。手軽に購入できる金額ではありません。そんなときに活用したいのがドライブレコーダーアプリ。無料アプリでも地図に連動して記録するなど機能は十分です。


スポンサーリンク
ドライブレコーダーは無料アプリでも地図に連動

無料のドライブレコーダーアプリ

「Safety Sight」は、損害保険会社が作った無料のドライブレコーダーアプリ。損保ジャパン日本興亜による安全運転支援アプリです。App StoreおよびGoogle Playで入手できます。

このドライブレコーダーアプリは、衝撃を感知した前後各10秒間を録画した後、緊急連絡先を自動表示。万が一の時も焦らず対応できるでしょう。通常時は前方との車間距離不足や、渋滞時の発進タイミングを知らせます。

ドライブレコーダーの動画は地図と連動。録画した動画とともに、走行ルートを地図上に表示してくれます。また、運転診断機能も備えいて、速度・急操作・車間距離などからその日の運転を評価してくれるのです。

ドライブレコーダーアプリの無料版

「カループロドライブレコーダー」は速度やバッテリー電圧など、多彩な表示機能を実装したエコドライブにも役立つ多機能さが魅力。Google Playで入手できて、価格は800円です。

ドライブレコーダーアプリとしては、フルHD(1920×1080ドット)で緊急動画と常時動画の記録が可能。100回までは無料版でもすべての機能が使用できるので、まずはそちらで試してみましょう。

録画したルートを地図でも確認可能。万が一、事故に巻き込まれた時に証拠として有効でしょう。フルHD録画に対応したドライブレコーダーの動画は、画質・解像度・録画の長さを細かく選択できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事