ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

監視アプリがスマホに入っているか確認する方法

監視アプリとして利用されることが多いのがスマホの盗難防止アプリです。本来はスマホの紛失時に、位置情報の取得やデータ消去などを遠隔操作するために開発されたもの。スマホが遠隔操作できる機能をそのまま監視アプリとして流用しているのです。そこで、監視アプリがスマホに入っているかを確認する方法を紹介します。


スポンサーリンク
監視アプリがスマホに入っているか確認する方法

監視アプリの定番が「ケルベロス」

監視アプリの定番ともいえるのが「Cerberus(ケルベロス)」です。Androidスマホによくインストールされます、ケルベロスも本来は盗難防止アプリですが、ターゲットの端末に仕込むことでPC上から遠隔操作が可能になります。

ケルベロスは監視アプリとして、位置情報の取得やスマホのロック、メッセージの表示、音声の録音、写真・ビデオの撮影、通話記録の取得などがリモートで操作可能。このため、パートナーの浮気監視アプリしてもよく使われるのです。

この監視アプリの使い方は、まずケルベロスをインストールしてアカウントの作成や初期設定を行います。初期設定が完了したら「アプリ一覧画面から隠す」にチェック。ホーム画面に表示されなくなります。一部、アプリからではなくPCから操作するバージョンもあるようです。

監視アプリは設定画面から発見可能

こうすることで、スマホの所有者がケルベロスを入れられたことに気づきにくくなるというわけ。監視アプリをインストールしたスマホでの操作は以上です。あとはPCやスマホのブラウザから遠隔操作でスマホを監視するわけです。

具体的には、ブラウザで「Cerberus for Android」にアクセスしてアカウントを入力します。すると、ケルベロスをインストールしたスマホの現在地がマップ上に表示。ここからスマホを遠隔操作できるのです。

なお、この監視アプリはホーム画面からは消えますが、設定画面の「アプリ」から確認することができます。ほかの監視アプリも同様に発見可能です。監視アプリが入れられていないか心配な人は、こまめに確認するとよいでしょう。

監視アプリがスマホに入っているか確認する方法


スポンサーリンク

インストールした監視アプリが非表示

監視アプリ「Android Lost」もこっそりインストールしてしまえば、PCからスマホを遠隔操作することができます。相手の位置が分かるのはもちろんのこと、写真撮影やメッセージ送信、はたまた使用不可能にすることも可能です。

Android Lostの本来の使い方は、端末を紛失した時にPCのブラウザから遠隔操作して端末の位置情報を調べたり、アラームを鳴らして場所を特定したりする監視アプリとされています。

しかし、インストールした監視アプリが非表示にされていたり、写真が撮影できるなど、スマホの遠隔操作に大活躍しそうな機能が満載です。さっそくAndroid Lostの機能を紹介しましょう。

監視アプリでスマホの位置を特定

監視アプリによるスマホの位置の特定は「Basic」の「GPS」をクリック。相手が今どこにいるかが明確に分かります。また、「Status」の「Phone Status」から、バッテリー残量など、現在の端末状態を取得することも可能です。

「Mobile」の「Front Camera」または「Rear Camera」から写真が撮影できます。ただし、Android2.2.3限定の機能なので、使用したい場合はバージョンを下げる必要アリです。

「Controls」の「Message popup」に送りたい文章を入力して「Send」を押せば、端末にテキストが送れることも可能。「Security」の「Unlock phone」を選択すれば、通話できなくなります。

■「監視アプリ」おすすめ記事
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?

■「遠隔操作」おすすめ記事
Chromeリモートデスクトップで自宅PCを遠隔操作
PCが遠隔操作できる「Brynhildr」で情報漏洩
「Brynhildr」で他人のPCを遠隔操作する手順

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事