ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵に聞いたスマホが盗聴器になるスパイアプリ

近年は、盗聴という行為のハードルも下がりました。スマホやPCといったデジタル機器を使った多種多様な盗聴が非常に増えています。従来の電波式の盗聴器は一般の人には特殊な機器というイメージですが、スマホなら身近な存在です。スマホが盗聴器になるスパイアプリについてプロの探偵に聞いてみました。


スポンサーリンク
探偵に聞いたスマホが盗聴器になるスパイアプリ

スパイアプリは使い方で強力ツール

最近では、夫婦やカップルの一方が、パートナーのスマホにスパイアプリを入れて勝手に監視する手口が多く見受けられます。アプリを入れさえすれば、対象者本人が何の疑いもなく持ち歩いてくれる上、ネット/電話回線経由のため受信距離も関係ありません。

特にスマホはさまざまな監視系アプリ、カメラ系アプリがあるので、使い方によっては強力な盗聴ツールになりえます。スパイアプリでよく使われるのが「遠隔操作アプリ」と「ICレコーダーアプリ」「動体検知機能付きカメラアプリ」です。

遠隔操作アプリは本来、たくさんの個人情報が詰まっているスマホを紛失した時に使用するもの。スマホの現在地を突き止めたり、遠隔操作で周囲の写真を撮影できます。しかし、中にはこの機能を悪用している人もいるのです。家族や恋人のスマホに仕込むことで行動を監視しているといいます。

スパイアプリに特別な技術は不要

ICレコーダーアプリの中には、周囲で音がする時だけ録音する機能があります。自分がいない時の周囲の会話を手軽に把握できるでしょう。録音ファイルは、2倍速や4倍速再生も可能。録音形式はMP3でPCへの保存も可能です。

近しい人間からの被害としては、新しいものに買い換えて使わなくなり、自宅に放置してあるスマホなどに、スパイアプリをインストールされ、気づかない間に盗聴器や盗撮器にされてしまっている事例もあるようです。

スパイアプリを使うのは浮気を疑った夫婦や恋人間で多く見受けられますが、特別な技術が必要ないため誰でも簡単にできてしまいます。これも、盗聴、盗撮行為が増加する要因の1つでしょう。

浮気調査以外でも、最近はいやがらせ行為を受けているので解決してほしいという相談も数多くあります。だからこそ、安易に自分のスマホを人前でロック解除したり、推測されやすいパスワードにすることは避け、しっかりとセキュリティ対策を心がけなければいけません。

■「スパイアプリ」おすすめ記事
スパイアプリの決定版「ケルベロス」の発見方法

■「スパイ」おすすめ記事
無音カメラアプリが証拠集めには役に立つ!
無音カメラのおすすめ!無料&高画質アプリ
探偵が注目のスパイグッズになる最新ガジェット
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能

■「盗聴器」おすすめ記事
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事