ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

浮気防止アプリが入っていないかのチェック方法

浮気防止アプリとして利用されるのが盗難対策アプリです。本来は盗難されたスマホの位置情報の取得や端末データの消去などを遠隔操作するために開発されたアプリ。スマホの遠隔操作機能をそのまま浮気防止アプリとして流用するわけです。そんな浮気防止アプリが入っていないかのチェック方法を紹介します。


浮気防止アプリが入っていないかのチェック方法

浮気防止アプリで遠隔操作が可能

浮気防止アプリとしてAndroidにインストールされることが多いのが「Cerberus(ケルベロス)」というアプリです。そもそもは盗難対策用アプリですが、ターゲットの端末に仕込むことでPC上から遠隔操作が可能になります。

ケルベロスは位置情報の取得や音声の録音、ビデオの撮影やスクリーンショットの撮影などがリモートで操作が可能です。一部ではストーカーアプリとも呼ばれているほど。浮気防止に行動を監視するわけです。

浮気防止アプリの使い方は、まずケルベロスを端末にインストールしたら、アカウントの作成や初期設定を行います。あとは、ケルベロスの公式サイトで作成したアカウントでログインすると、端末の遠隔操作が可能になるのです。

浮気防止アプリのアイコンが消える

ケルベロスの公式サイトでは端末の位置が地図上で確認できるほか、さまざまなコマンドを実行可能。通話記録やSMSログの取得、音声の録音や写真の撮影などが遠隔で操作できるようになります。

さらには、ケルベロスの公式サイトからは「アプリ一覧画面から隠す」というコマンドが存在。実行すると一覧画面からアプリのアイコンが消えるので、端末所有者がケルベロスを発見しにくくなるというわけです。

ただし、浮気防止アプリのアイコンはホーム画面からは消えますが、設定画面の「アプリ」から確認することが可能。浮気防止アプリがインストールされているか心配な人は、一度確認しておいて損はないでしょう。


浮気防止アプリで通話履歴を確認する

浮気防止アプリとして使われるアプリに「Android Lost(アンドロイド・ロスト)」があります。このアプリは本来、端末を紛失した時にPCのブラウザから遠隔操作して端末の位置情報を調べたり、アラームを鳴らして場所を特定したりするもの。その機能は浮気防止アプリとして活用できるものばかりです。

Android Lostの操作はすべて公式サイトにログインして行うようになっています。ログインの際には、Google Playでアプリをダウンロードした際のGoogleアカウントを使用する仕組みです。

浮気防止アプリでは、通話履歴やショートメッセージの履歴や内容をチェック可能。相手の行動が気になるのであれば、GPS機能を利用して端末の位置と一定時間内の移動の履歴を知ることもできます。

浮気防止アプリはカメラ操作が可能

浮気防止アプリで確認できるのは、位置情報や通話履歴だけではありません。なんとスマホのカメラの遠隔操作もできるのです。加えて、メッセージとそれを消すためのボタンをスマホに表示して、ボタンをタップした瞬間に前面のカメラで撮影する機能も搭載。端末を手にした人とその周囲が撮影できます。

さらに、ショートメッセージは内容を見るだけでなく、スマホを乗っ取る形で送信することも可能。スマホの持ち主になりすまして、任意の宛て先になりすましメッセージが送れるのです。

なお、この浮気防止にも使えるアプリは「Lost Android」という名前で「Google Play」で入手できます。不用意なプライバシーの漏洩を避けるためにも、こういったアプリが浮気防止として使われていることを知っていて損はないでしょう。

■「監視アプリ」おすすめ記事
Cerberusはスマホを遠隔操作できる最強アプリ
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
スマホを遠隔操作できるAndroidアナライザー
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?

■「遠隔操作」おすすめ記事
Chromeリモートデスクトップで自宅PCを遠隔操作
PCが遠隔操作できる「Brynhildr」で情報漏洩
「Brynhildr」で他人のPCを遠隔操作する手順

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事