ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

米国上院議員間の公認連絡ツール「Singal」とは

設定によりトーク内容が流出しやすく、運営会社による個人情報収集もあり(拒否も可能)、LINEよりセキュリティの高いメッセージアプリが求められています。その代表格が「Signal」です。メッセージが自動で消せるメッセージアプリ「Signal」の使い方を見ていきましょう。


米国上院議員間の公認連絡ツール「Singal」とは

Signalはサーバに内容が保存されない

無料のメッセージアプリ「Signal」は通信内容がすべて暗号化され、他人にデータを盗まれても読み取れないのが最大の特長。しかも、サーバに保存されないので、情報の開示請求があっても提供すべきものが無いのが強みです。

Signalは日本語版アプリをダウンロードし、電話番号とSMS認証で利用登録できます。相手がSignalを入れていれば、電話番号だけでメッセージの交換が可能です。そのメッセージも、一定時間(5秒~1週間後)経つと自動的に消える設定もあり、サーバにも一切残りません。米国上院議員間の公認連絡ツールにもなっています。

Signalの基本機能は「メッセージ送受信(チャット)」「ファイル添付」「音声通話」「ビデオ通話」です。Signalの使い方は、アプリのインストール後、画面の指示に従って電話番号を入力。SMS認証が済めばすぐに利用できます。

Signalは電話番号入力でメッセージ

Signalでメッセージをやり取りするには、トップ画面の右上にある「新しいメッセージ」をタップ。相手もSignalユーザーなら、電話番号の入力だけでメッセージが送れるようになる仕組みです。

相手のアイコンをタップし、「安全番号を見る」から表示されている数字を確認。同一であれば端末間の暗号化が安全ということで「認証済み」をタップします。

Signalのメッセージ画面はLINEと大差ありませんが、運営者側のサーバにはアカウント情報以外一切履歴が残らないシステムです。発言を自動的に消す場合は、送信相手ごとに設定する必要があります。相手の連絡先情報を開き、「消えるメッセージ」をオンにし時間を設定すればOKです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。