ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのブロック確認方法はAndroidとiPhoneで違う?

LINEのブロック機能は、相手に通知されることなく指定した友だちの連絡を止めることができるというもの。あなたも、いつの間にか友だちにブロックされているかもしれません。そこで、LINEでブロックされているかを確認する方法を紹介します。LINEブロックの確認方法は以前はAndroidとiPhoneで少し違っていました。AndroidでのLINEブロック確認する方法は、いわゆるスタンプのプレゼントです。


LINEのブロック確認はiPhoneとAndroidで違う

LINEのブロック確認方法はiPhoneとAndroid共通

LINEの「ブロック」とは、指定した友だちからの連絡をすべて拒否する機能です。LINEでブロックしたことは相手に伝えられません。

LINEでブロックされた人がトークでメッセージを送っても相手には届かず、既読の表示がずっと付かなくなるのです。このため、自分が知らないうちに友だちにLINEでブロックされている可能性もあるのです。

そういえば、LINEで友だちにメッセージを送っても読んでもらえていない…という場合は、自分が知らないうちに相手にブロックされている可能性があります。そんな時こそ、単なる無視なのか、LINEでブロックされてのかを確認する方法を活用するわけです。

LINEブロック確認方法で不審がられない

LINEのブロック確認を、簡単で確実に行う方法がグループトークの作成です。確認したい友だちをグループに追加できるか否かで、その相手にLINEでブロックされているかを判断できます。

LINEでその友だちにブロックされていると相手に通知も届かず、グループも作成されません。ただし、このブロック確認方法で相手にブロックされていない場合、相手に通知が届いてグループが作成されてしまいます。このLINEブロック確認方法は、ブロックされていないときに不審がられることが難点です。

そこで、LINEでブロックされているかもと思ったら、AndroidでもiPhoneでもまずは相手のホームを確認します。LINEの「友だち」リストから見たい相手を選択して、ホームのアイコンをクリック。LINEでブロックされているかどうかは、ここで投稿を確認するのです。このLINEブロック確認方法なら、不審がられることはありません。


LINEブロック確認方法はAndroidのスタンプ

LINEでブロックされた人がホームを訪れると「まだ投稿がありません」という表示。以前まで閲覧できた投稿がなくなっていたらLINEでブロックされているということです。ただし、相手がこれまで何も投稿していない場合はLINEブロック確認は判断できません。

なお、このLINEブロック確認方法で利用するホームの投稿は、現在は「LIVE VOOM投稿」という動画プラットフォームに統合されています。とはいえ、LINEブロック確認方法は変わりません。

ただし、AndroidならLINEでブロックされているかを確認する方法は存在しています。それはLINEスタンプの「プレゼント」です。既にそのLINEスタンプを持っている場合と、ブロックされている場合にはプレゼントできません。

このため、LINEブロック確認方法では普通持っていないようなマイナーなスタンプを購入して送ってみましょう。それが送れないなら、LINEでブロックされていると考えて間違いありません。LINEブロック確認のスタンプは「その他」→「スタンプショップ」を開いて利用します。

LINEブロック確認方法はiPhoneとAndroidで違う

ここで、LINEのマイナーなスタンプを選んで「プレゼントする」をタップ。相手からブロックされていない場合は、LINEスタンプの購入画面が表示されます。ところが、LINEでブロックされている場合はすでにスタンプを所有している旨のメッセージが表示されるのです。

別のスタンプでも試してみて、すべて拒否されるようならブロックされていると考えてよいでしょう。ただし、iPhoneの場合はちょっとLINEブロックの確認方法が変わります。というのも、以前はiPhoneにはスタンプのプレゼント機能がありませんでした。

そこで利用するのが、LINEの無料の「着せかえ」です。これならプレゼントできます。LINEで「その他」→「着せかえショップ」を開いて利用。ここで適当に着せかえを選んで、プレゼントをタップすることでLINEのブロックを確認できるのです。


LINEブロック確認方法がiPhoneもAndroidも同じに

「〇〇はこの着せかえを持っているためプレゼントできません。」と表示されたら、LINEをブロックされているということです。LINEでブロックされていなければ、スタンプ同様に「プレゼントを購入する」というボタンが出てきます。

なお、iPhone版のLINEでもバージョンを9.7.0から、アプリ内から友だちにスタンプをプレゼントできるようになりました。現状は、iPhoneもAndroidも同じ方法で、LINEブロックされているかの確認がスタンプをプレゼントする方法でできるようになっています。

すなわち、LINEでブロックされているかの確認方法は、iPhoneもAndroidも、マイナーなスタンプのプレゼントで確認することが可能。LINEでブロックされていなければ、そのまま購入画面に進みます。LINEでブロックされている場合は「プレゼントできません。」と表示されるのでした。

LINEブロック確認方法にLINE STOREのスタンプ

スタンプによるLINEブロック確認方法は、「LINE STORE(ライン ストア)」を利用することも可能です。LINE STOREは、パソコンやスマホのブラウザ上でLINEの有料スタンプや着せかえなどが買えるサービスです。

LINE STOREのスタンプによるブロック確認方法は、適当なスタンプを選んで「プレゼントする」をクリック。ここでLINEでブロックされていると「プレゼントできません」と表示されるので判断できるのです。

一方、LINEでブロックされていない場合は「コインが不足しています」と表示されるはず。このLINEブロック確認方法は、コインを保有していなくてもも利用できます。


LINEブロック確認方法に起こる現象からの推測

このほか、LINEブロックの確認にグループに招待するという方法もあります。LINEはブロックされると、その友だちをグループに招待しても通知が届かずに、いつまでたってもグループが作成されません。

このように、LINEブロック確認は、ブロックされた時に起こる事象から推測するという方法もあるわけです。例えば、メッセージを送っていつまでたっても既読にならない場合。これはブロック確認方法というより、ブロックを疑うきっかけの場合が多いでしょう。

また、LINEのゲーム「ツムツム」で相手にハートをプレゼントしてみるというブロック確認方法もあるでしょう。LINEでブロックされていると、相手がハートを受け取っても受け取り通知が届かないため確認できるというわけです。ただし、このLINEブロック確認方法はただ単にツムツムをプレイしていないだけの可能性もあります。

■「LINEブロック確認方法」おすすめ記事
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEがブロックされているかを確認する方法

■「LINE」おすすめ記事
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
今さら聞けないLINE既読にならない読み方4つ
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う
LINEのトーク履歴を検索して目的の会話を探す
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事