ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

遠隔操作アプリがスマホに入っているか確認方法

スマホに知らぬ間に「遠隔操作アプリ」が入っていると、居場所が特定されるだけでなく、盗聴や盗撮される危険があります。遠隔操作アプリは、そもそもスマホ盗難時に位置情報の取得やスマホのロックなどを遠隔操作するために作られたものです。そんな遠隔操作アプリがスマホに入っているかの確認方法を見ていきましょう。


遠隔操作アプリがスマホに入っているか確認方法

遠隔操作アプリは使い方で行動監視

遠隔操作アプリは、スマホを紛失したり盗難に遭ったりした時に備えて、さまざまな対策を施すためのもの。GPS機能を利用してスマホの位置を調べたり、端末をロックしたりする機能があります。このほか、スマホの周囲の音声を拾ったり、カメラを起動して撮影することも可能。警告メッセージを表示することもできます。

こうした遠隔操作アプリの機能は、使い方次第ではターゲットの行動監視ツールになりかねません。位置情報や通話履歴、カメラの遠隔操作であらゆる情報が知らぬ間に抜き取られてしまう可能性があるのです。

遠隔操作アプリでよく知られているのが「FlexiSPY」。「通話内容を聞く・通話を録音する・通話履歴を見る・周囲の音を録音する・SMSメッセージを見る・居場所を特定する・LINEを覗く・アプリ一覧から削除」などの操作ができます。

ただし、導入には慣れている人間でも数時間はかかります。トイレで席を外した時間くらいでは、スマホに勝手にインストールすることはまず無理でしょう。

遠隔操作アプリはホームから消える

一方、遠隔操作アプリ「Cerberus(ケルベロス)」は、インストール方法が通常のアプリと変わりません。最近は子どもの監視用アプリも配布されています。ケルベロス本体の機能には「居場所を特定する・周囲の音を録音する・スマホをロックする・写真を撮る・メッセージを表示する・アプリ一覧から削除」などがあります。

「Android Lost」も遠隔操作アプリとしてよく知られています。このアプリはインストールするとホーム画面では「Personal Notes」と表示されるのが特徴。メモアプリのように見せかけて、遠隔操作アプリとわからないようにするわけです。

遠隔操作アプリがスマホに入っているかは、設定画面の「アプリ」から確認することがポイント。ホーム画面からは消えますが、設定画面のアプリには残っています。一度、スマホに遠隔操作アプリが入っているか確認した方がよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事