ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ストーカーアプリと呼ばれる「Cerberus」の機能

スマホを通じてターゲットの行動などを監視できるのが「ストーカーアプリ」です。個人情報の宝庫であるスマホを遠隔でモニタリングし、情報を抜き取ることができるストーカーアプリの定番ともいえるのが、2011年頃に登場し、世間をざわつかせた、Android用の盗難防止アプリ「Cerberus(ケルベロス)」です。


ストーカーアプリと呼ばれる「Cerberus」の機能

ストーカーアプリと呼ばれる理由

Cerberusは基本的に、CerberusアプリをインストールしたAndroid端末を、CerberusのWebサイトから監視・操作できる仕組みです。建前上は“スマホの紛失・盗難対策用”とされていますが、盗難対策用として搭載されている機能は、そのまま監視用に使えるためにストーカーアプリとも呼ばれていいます。

同種のストーカーアプリが次々と撤退していく中、9年経った今でも機能は健在。無料版でも「AutoTask」という操作設定により、ターゲットの居場所や行動がある程度読めるようになります。

自分で利用するか否かは別として、ストーカーアプリにどんな機能があるかは知っておいて損はないでしょう。なお、Cerberus無料版はアプリアイコンの非表示には対応していません。ただし、別の「Nova Launcer」などの有料アプリをインストールしている端末であれば、非表示は可能です。

ストーカー用にも使える機能ばかり

また、有料版Cerberusでは「遠隔操作で周囲の音声を録音」「遠隔操作でカメラ撮影」「SMSの送受信記録を取得」「通話記録を取得」「端末にロックをかける」「遠隔操作でアラームを鳴らす」「アイコンを非表示にする」などの操作が可能です。どれも盗難対策用に使えますが、ストーカー用にも使える機能です。

アプリはCerberusのサイトからダウンロード。最初の6日間は試用期間となり、有料版の機能も含めて使用可能です。アプリの初回起動時にはアカウントの作成が求められるので、ユーザーネームとパスワードは控えておきます。

PCでのログインやGPSを調べる際に使う管理者権限を求められたら「有効にする」を選択。画面の指示に従っていけば設定は終了です。なお、日本語に完全対応しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事