ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

見られてマズいアプリはアイコンを変更して隠す

スマホでこっそり利用している出会い系やパパ活アプリを、ホーム画面に置いておくのは危険。使っていることを誰にも知られたくないアプリは、アイコンを変更して偽装しておくと安心です。Androidならランチャーの機能で簡単に隠すことが可能。iPhoneでもアイコンを変更してしまえば誰にも見つかりません。


見られてマズいアプリはアイコンを変更して隠す

アプリ名やアイコンを編集画面で変更

見られてマズいアプリを隠すなら、Androidスマホは「Nova Launcher Prime」を活用。アプリを導入したら、アプリ一覧で隠したいアプリの編集画面を開きます。ここで、アプリ名やアイコンを変更できるのです。

例えば、電卓アプリに変更して偽装。電卓アイコンをタップすると、いつもの出会系アプリが起動するというわけです。アプリの価格は600円で、Google Playで入手できます。

また、Huaweiの一部スマホでは「PrivateSpace」という機能を搭載。カギ付きの秘密部屋を作ることができるので、ここに出会い系アプリをインストールしておけば見つかりにくいでしょう。

変更したアイコンをホーム画面に追加

iPhoneで見られてマズいアプリを隠すなら「URLスキーム検索」と「Pochitt」を利用します。まずは隠したいアプリをアプリフォルダの2ページ目に移動。ここで「URLスキーム検索」アプリを使い、隠したいアプリのURLスキームを探してコピーします。

続いてアイコン作成アプリ「Pochitt」を起動して、メニュー画面の「CUSTOM」を選択。アイコンのアプリ名とアイコンを設定し、コピーしたURLスキームを貼り付けます。

アドレス情報が作られたら、SafariのURLバーに入力して開き、メニューの「ホーム画面に追加」を選択。すると、偽装アイコンに変更されるというわけです。これで、見られてマズいアプリも安心してホーム画面に置いておけます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事