ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自転車ナビアプリは高低差や消費カロリーもわかる

自転車で慣れない道を走ったり、遠出する際に便利なのが「自転車ナビアプリ」です。自転車ナビアプリはナビ機能以外にも走行距離や消費カロリーを計測したり、自転車に最適化したルートを検索してくれるなど、通常の地図アプリにはない機能が搭載されています。押さえておきたい自転車ナビアプリ2選を見ていきましょう。


高低差や消費カロリーもわかる自転車ナビアプリ

自転車ナビアプリで勾配の少ない道

自転車ナビアプリは、大まかにフィットネスタイプとナビタイプの2種類があるので、ここではそれぞれのオススメを紹介しましょう。どちらの自転車ナビアプリもApp Store、Google Playで無料で入手できます。

「キョリ測」は目的地までの距離や所要時間、高低差などを分かりやすく表示してくれる自転車ナビアプリ。この自転車ナビアプリは、マップ上の地点をタップすることで任意のルートを設定できるので、走りたい距離や時間に合わせて最適な経路を選べます。

自転車ナビアプリでルートを検索すると、詳細な距離と標高グラフを表示。自転車ナビアプリでルートを変更して勾配の少ない道を選ぶこともできます。自転車ナビアプリでは自転車以外の移動手段も選択可能。それぞれの速度も設定できます。

自転車ナビアプリで降雨レーダー確認

「自転車NAVITIME」は、自転車に特化したナビアプリ。この自転車ナビアプリはサイクリングロードを優先したり、未舗装道路や幹線道路を回避するルート検索が可能です。また、自転車ナビアプリで高低差や降雨レーダー(1時間後まで)で天気も確認できます。

月300円のプレミアム機能を自転車ナビアプリに追加すると、7種類のタイプ別ルートや音声ナビ、6時間後までの降雨レーダーが使えるようになります。

具体的には、無料版の自転車ナビアプリは距離や高低差などを考慮した「推奨コース」を利用できますが、有料のプレミアムコースの場合「距離が短い」「坂道が少ない」といった条件のルートを選べるようになるのです。

月額600円のプレミアムプラスコースの自転車ナビアプリは、Webサイトで事前にコースを作成してアプリに表示させることも可能です。

■「自転車」おすすめ記事
持ち主不明の自転車が「防犯登録」できる裏ワザ
警察官の自転車「白チャリ」1台いくらで購入?
自転車の右側通行は「通行禁止違反」で赤切符
100均の自転車ワイヤーロックは「キー」が共通
100均で買っておきたい自転車用品3アイテム
100均のLEDライトを自転車用に防水化してみた
職質で警察官が自転車の防犯登録を確認する理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事