ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均のLEDライトを自転車用に防水化してみた

自転車用ライトは高価なものだと盗まれないか心配…というなら、100均ショップの製品で十分でしょう。性能もそこそこで、使い勝手も良好。ただし、防水性能が施されていないものがほとんどなので、DIYで防水性能をプラスしましょう。雨にも負けない100均のLEDライトが誰でも簡単に作れますよ。


スポンサーリンク
100均のLEDライトを自転車用に防水化してみた

100均のLEDライトは防水機能がない

今回入手した100均の自転車用LEDライトは「サイクルフラッシュライト POWER UP」。ダイソーで購入しましたが、グリーンオーナメントというメーカーの製品で、ダイソー以外の100均ショップやネット通販サイトでも入手できます。

ただし、その場合は送料が高くついてしまうので、100均ショップで探してみてください。このLEDライトは、白色LED1個のみの搭載ですが明るく広範囲を照らせることができ、点灯と点滅の2パターンで切り替えが可能です。

自転車取り付け用のアダプタを外せば、手持ちの懐中電灯として使うこともできるので便利。ただし、防水機能はまったくないので、ヘッドのネジ込み部分から浸水してすぐに端子類が錆びてしまうでしょう。

100均のLEDライトを指サックで防水

100均のLEDライトを手取り早く防水化するには、ネジ込み部分をゴムパッキン化すればいいのです。方法は簡単で、指サックをはめ込むだけです。指サックは100均ショップでも購入できますが、なるべく薄いものを選ぶようにしましょう。

まずは指サックをハサミで輪切りにして、0.5~1cm幅くらいの輪っかを作ります。これをそのまま、LEDライトのヘッドのねじこみ部分にはめ込むだけでOKです。ちょっときついのですが、無理やり押し込みましょう。

あとは元通りにヘッドを閉めれば、防水仕様の自転車用LEDライトが完成です。これでもう、突然の雨も怖くないし、野ざらしにしている自転車にも付けっぱなしにできます。

■「100均改造」おすすめ記事
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ

■「改造」おすすめ記事
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
iPhoneを防水仕様に自分で改造する方法とは?
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事