ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhone無音カメラアプリを画質で選ぶならどれ?

高画質化が進むスマホカメラですが、シャッター音が邪魔になることもしばしば。盗撮被害を防ぐためとはいえ、選択肢ぐらい残してほしいところでしょう。そこで活用したいのが、無音カメラアプリです。iPhoneで使う無音カメラアプリを画質で選ぶとどれがよいのでしょう。


iPhone無音カメラアプリを画質で選ぶならどれ?

長らくiPhone必須の無音カメラアプリ

MicrosoftがiOS用に開発し、長らくiPhoneの必須アプリになっているのが「Microsoft Pixカメラ」です。現バージョンではシャッター音をオン/オフする項目がありません。しかし、フラッシュをオフにすれば無音で撮影可能。恐らくスカートの盗撮対策だと思われます。

また、デュアルカメラ以上の端末の場合、ポートレートモードに対応していますが、このモードではシャッター音はオフになりません。必ず鳴ります。

フォーマットを「高効率」にすると、高画質データを小さな容量に圧縮するHEIF形式で保存可能。AIによる自動補正機能の働きで、iPhone純正よりも濃いめの色合いです。画質は拡大するとややツブれ気味でした。

iPhoneのマナーモードで無音カメラ

「StageCameraHD2」は、解像度や露出などの変更だけでなく、手ブレ補正や・オートフォーカスも搭載した万能の無音カメラアプリです。iPhone本体をマナーモードにするだけでシャッター音は無音になり、動画撮影も無音のまま開始できます。

ただし、無料版ではHD画質までと制限があり、15回撮影ごとに広告が流れるのがネック。お試しで使ってみて無音の4K撮影に挑戦したいなら、250円課金するのがよいかもしれません。

無料版の上限である3264×2448ドットで撮影してみました。見た目は及第点で、拡大してもまつ毛の1本1本がハッキリ分かります。250円の有料版は高解像度での撮影が可能。また、広告発生の制限もなくなり、優秀な普段使い無音カメラアプリになるでしょう。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事